過去問

【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 併給調整」過去問・国-100

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、国民年金法から「併給調整」について見てみたいと思います。

どの年金と組み合わせれば併給ができるのか、選択替えができるのかについて過去問を通して確認していきましょう。

 

併給調整で支給停止になっている年金給付は復活できる?

(令和3年問10B)

併給の調整に関し、国民年金法第20条第1項の規定により支給を停止されている年金給付の同条第2項による支給停止の解除の申請は、いつでも、将来に向かって撤回することができ、また、支給停止の解除の申請の回数について、制限は設けられていない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

併給調整によって支給停止されている年金給付は、いつでも支給停止の解除の申請をすることができ、将来に向かって支給停止を撤回することができます。

年金給付の支給停止を解除して、別の年金給付への選択替えは、何度でも行うことができます。

では、具体的な年金給付の併給調整を見てみましょう。

下の過去問では、老齢基礎年金と障害厚生年金がテーマになっていますが、これらを併給することができるのでしょうか。

 

老齢基礎年金と障害厚生年金は併給できる?

(平成29年問9B)

障害等級3級の障害厚生年金の受給権者が65歳となり老齢基礎年金及び老齢厚生年金の受給権を取得した場合、この者は、障害等級3級の障害厚生年金と老齢基礎年金を併給して受けることを選択することができる。

 

解説

解答:誤り

老齢基礎年金障害厚生年金を併給することはできません

ちなみに、老齢基礎年金と老齢厚生年金の併給はもちろんOKです。

それでは次に、老齢基礎年金と遺族厚生年金について見てみましょう。

これらの年金給付も併給することはできないのでしょうか。

 

老齢基礎年金と遺族厚生年金は併給できない??

(平成25年問3A)

65歳以上の者に支給される障害基礎年金と老齢厚生年金は併給されるが、65歳以上の老齢基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得したときは、併給の調整によりどちらか一方の年金給付は支給停止される。

 

解説

解答:誤り

65歳以上の場合、障害基礎年金老齢厚生年金の併給はできます

また、老齢基礎年金遺族厚生年金の併給も可能ですし、障害基礎年金遺族厚生年金の併給も可能です。

 

今回のポイント

  • 併給調整によって支給停止されている年金給付は、いつでも支給停止の解除の申請をすることができ、将来に向かって支給停止を撤回することができますし、別の年金給付への選択替えは、何度でも行うことができます。
  • 老齢基礎年金障害厚生年金を併給することはできません
  • 65歳以上の場合、障害基礎年金老齢厚生年金の併給はできます

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

 

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 高額療養費」過去問…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識・育児介護…

  3. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「労基法 休業手当と出来高制の保障給の考…

  4. 「社労士試験 安衛法 5分で読める!定期自主検査と就業制限の要点」過去…

  5. 「社労士試験 厚生年金法 保険料の徴収から滞納処分までの流れを解説!」…

  6. 「社労士試験 徴収法 確定保険料の申告と納付の流れを確認しましょう」過…

  7. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識 国民健康保険法 被保険者」社一…

  8. 「社労士試験 安衛法 事業者が講ずべき措置」安衛-133

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。