社労士勉強法 過去問攻略!「健康保険法 協会の財務諸表の提出はいつ?」 健-3

全国健康保険協会も毎事業年度ごとに決算をするわけですが、財務諸表を作成して厚生労働大臣に提出しなければなりません。

このあたりの規定について何回か過去問で問われていますが、どのような形で出題されているのでしょうか。

 

財務諸表はいつまでに提出しなければならないの?

(平成元年問1E)

全国健康保険協会は、毎事業年度、財務諸表を作成し、これに当該事業年度の事業報告書及び決算報告書を添え、監事及び厚生労働大臣が選任する会計監査人の意見を付けて、決算完結後2か月以内に厚生労働大臣に提出し、その承認を受けなければならない。

 

解説

解答:正

問題文のとおり、全国健康保険協会は、財務諸表を決算完結後2か月以内に厚生労働大臣に提出して、その承認を受けなければなりません。

キーワードは、「2か月以内」、「大臣の承認」です。

また、上記の過去問には出てない論点がありますので、以下の過去問を見てみましょう。

 

決算はいつまでに終わらせなければならない?

(平成26年問6E)

全国健康保険協会(以下「協会」という。)の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。協会は、毎事業年度の決算を翌事業年度の5月31日までに完結し、作成した財務諸表に、事業報告書等を添え、監事及び会計監査人の意見を付けて、決算完結後2か月以内に厚生労働大臣に提出し、その承認を受けなければならない。

 

解説

解答:正

ここでのキーワードは、「決算は翌事業年度の5月31日までに完結」です。

このあたりの論点は、平成22年にも出題されていますので要注意ですね。

 

今回のポイント

全国健康保険協会は、毎事業年度の決算を、翌事業年度の5月31日までに完結しなければならない。

また、毎事業年度、財務諸表を作成し、事業報告書等を添え、監事及び会計監査人の意見を付けて、決算完結後2か月以内に厚生労働大臣に提出し、その承認を受けなければならない。

 

関連記事

  1. 「社労士試験 健康保険法 訪問看護療養費(家族訪問看護療養費)で最初に…

  2. 「社労士試験 労働に関する一般常識 男女雇用機会均等法・育児介護休業法…

  3. 「社労士試験 国民年金法 国民年金基金の効率的な勉強の進め方」過去問・…

  4. 「雇用保険法 これを読めばわかる!高年齢雇用継続給付の教科書」過去問・…

  5. 「厚生年金法 これが不服申立てと時効のテッパン問題!」過去問・厚-23…

  6. 「社労士試験 徴収法 5分で再確認!概算保険料の延納の要件」過去問・徴…

  7. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「厚生年金法 3号分割で専業主婦(主夫)…

  8. 「社労士試験 厚生年金法 時効についての考え方を再チェックしましょう」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。