過去問

【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 不服申立て」徴収-126

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は徴収法の「不服申立て」について見てみようと思います。

不服申立てといえば審査請求ですが、どのようなルールになっているのか確認しましょう。

 

審査請求の請求期限

(令和2年雇用問10B)

労働保険徴収法の規定による処分に不服がある者は、処分があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内であり、かつ、処分があった日の翌日から起算して1年以内であれば、厚生労働大臣に審査請求をすることができる。ただし、当該期間を超えた場合はいかなる場合も審査請求できない。

 

解説

解答:誤り

審査請求は、

  • 処分があったことを知った日の翌日から起算して3月を経過した時
  • 処分があった日の翌日から起算して1年を経過したとき

はすることができませんが、

正当な理由がある時はこの限りではありません。

なので、期限を越えたからといって、いかなる場合も審査請求ができないわけではありません。

さて、審査請求をするときは、代理人をたてることはできるないのでしょうか。

下の問題で確認しましょう。

 

審査請求は自分でやる必要がある?

(平成28年労災問9オ)

事業主は、当該認定決定について、取消しの訴えを提起する場合を除いて、代理人によらず自ら不服の申立てを行わなければならない。

 

解説

解答:誤り

審査請求は代理人によってすることができます

ただし、審査請求を取り下げるときは、特別の委任が必要です。

では最後に、徴収法の不服申立てで、再審査請求の制度があるのかどうかについて確認しましょう。

 

不服申立てに再審査請求は含まれる?

(平成28年労災問9ウ)

事業主は、当該認定決定について、厚生労働大臣に対し、再審査請求を行うことができる。

 

解説

解答:誤り

徴収法の不服申立てには再審査請求はありません。

審査請求をしても不服な場合は提訴することになります。

また、審査請求をせずに直接提訴することもできます。

 

今回のポイント

  • 審査請求は、
    • 処分があったことを知った日の翌日から起算して3月を経過した時
    • 処分があった日の翌日から起算して1年を経過したとき

    はすることができませんが、正当な理由がある時はこの限りではありません。

  • 審査請求は代理人によってすることができます
  • 徴収法の不服申立てには再審査請求はありません。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 継続事業の一括って認可いるんで…

  2. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 給付制限(就業拒否時など)…

  3. 「社労士試験 国民年金法 国民年金基金(加入員資格)」国年-141

  4. 「社労士試験 国民年金法 ズバリ!障害基礎年金の額についての論点はコレ…

  5. 「社労士試験 徴収法 印紙保険料についてどれだけ覚えていますか?」 過…

  6. 「社労士試験 労基法 雑則・罰則」労基-135

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約…

  8. 社労士勉強法 過去問攻略!「労働一般 労働契約法 就業規則の変更と労働…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。