社労士勉強法 過去問攻略!「徴収法 請負事業の一括の業種は?」 徴-1

労働保険徴収法は、過去問を繰り返し学習して、そこで問われている知識を押さえておけば、得点源になりやすい科目です。

労働保険の適用や手続きについて定められた法律なので、とっつきにくいところはあるかもしれませんが、労災保険法で3問、雇用保険で3問の計6問出題されますので得意科目にしておくとおトクです。

それでは今回は、請負事業の一括についてみていきましょう。

 

請負事業の一括となる業種は??

立木の伐採の事業が数次の請負によって行われる場合には、労働保険徴収法の規定の適用については、それらの事業は一の事業とみなされ、元請負人のみが当該事業の事業主とされる。(平成26年労災問9A)

 

解説

解答:誤

数次の請負によって行われる場合で請負事業が一括されるのは、「建設の事業」です。

「数次の請負」と来れば、「建設!」と思っておくと良いでしょう。

周辺知識としては、

  • 一括されるのは労災保険のみです。
  • 法律上当然に一括されます。
  • 元請負人を当該事業の事業主とします。
  • 規模は問われません。

 

今日のポイント

数次の請負によって行われる場合で請負事業が一括されるのは、「建設の事業」です。

規模は問われず、法律上当然に一括され、元請負人を事業主とします。

ちなみに、下請負事業の分離の要件はなんだったでしょうか??

周辺知識としてテキストで確認しておくといいですね。

 

 

関連記事

  1. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 有期事業を一括する目的とは?」…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 標準賞与額」過去問…

  3. 「国民年金法 あっという間に理解できる!障害基礎年金の支給要件」過去問…

  4. 「社労士試験 徴収法 読むだけで復習!適用事業の定義と成立」過去問・徴…

  5. 「労災保険法 遺族(補償)年金の遺族になる人の法則」過去問・労災-32…

  6. 『社労士試験 雇用保険法 「賃金日額」と「基本手当の日額」の関係につい…

  7. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「国民年金法 寡婦年金は掛け捨て防止対策…

  8. 「社労士試験 徴収法 請負事業の一括の攻略法とは」過去問・徴-68

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。