社労士勉強法 過去問攻略!「徴収法 請負事業の一括の業種は?」 徴-1

労働保険徴収法は、過去問を繰り返し学習して、そこで問われている知識を押さえておけば、得点源になりやすい科目です。

労働保険の適用や手続きについて定められた法律なので、とっつきにくいところはあるかもしれませんが、労災保険法で3問、雇用保険で3問の計6問出題されますので得意科目にしておくとおトクです。

それでは今回は、請負事業の一括についてみていきましょう。

 

請負事業の一括となる業種は??

立木の伐採の事業が数次の請負によって行われる場合には、労働保険徴収法の規定の適用については、それらの事業は一の事業とみなされ、元請負人のみが当該事業の事業主とされる。(平成26年労災問9A)

 

解説

解答:誤

数次の請負によって行われる場合で請負事業が一括されるのは、「建設の事業」です。

「数次の請負」と来れば、「建設!」と思っておくと良いでしょう。

周辺知識としては、

  • 一括されるのは労災保険のみです。
  • 法律上当然に一括されます。
  • 元請負人を当該事業の事業主とします。
  • 規模は問われません。

 

今日のポイント

数次の請負によって行われる場合で請負事業が一括されるのは、「建設の事業」です。

規模は問われず、法律上当然に一括され、元請負人を事業主とします。

ちなみに、下請負事業の分離の要件はなんだったでしょうか??

周辺知識としてテキストで確認しておくといいですね。

 

 

関連記事

  1. 「労災保険法 これで分かるややこしい事業主からの費用徴収についての要件…

  2. 社労士 本試験を攻略する過去問の解き方「労基法 1か月単位の変形労働時…

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 被保険者の種類」国…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 賃金の定義」過去問・徴…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 保険料」過去問・国…

  6. 「社労士試験 安衛法 面接指導のポイントをおさらいしましょう」過去問・…

  7. 社労士試験 労基法 5分でわかる!労働条件への不当な介入のポイント」過…

  8. 社労士勉強法 過去問攻略!「国民年金法 被保険者の届出先は?」 国-1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。