社労士勉強法 過去問攻略!「徴収法 請負事業の一括の業種は?」 徴-1

労働保険徴収法は、過去問を繰り返し学習して、そこで問われている知識を押さえておけば、得点源になりやすい科目です。

労働保険の適用や手続きについて定められた法律なので、とっつきにくいところはあるかもしれませんが、労災保険法で3問、雇用保険で3問の計6問出題されますので得意科目にしておくとおトクです。

それでは今回は、請負事業の一括についてみていきましょう。

 

請負事業の一括となる業種は??

立木の伐採の事業が数次の請負によって行われる場合には、労働保険徴収法の規定の適用については、それらの事業は一の事業とみなされ、元請負人のみが当該事業の事業主とされる。(平成26年労災問9A)

 

解説

解答:誤

数次の請負によって行われる場合で請負事業が一括されるのは、「建設の事業」です。

「数次の請負」と来れば、「建設!」と思っておくと良いでしょう。

周辺知識としては、

  • 一括されるのは労災保険のみです。
  • 法律上当然に一括されます。
  • 元請負人を当該事業の事業主とします。
  • 規模は問われません。

 

今日のポイント

数次の請負によって行われる場合で請負事業が一括されるのは、「建設の事業」です。

規模は問われず、法律上当然に一括され、元請負人を事業主とします。

ちなみに、下請負事業の分離の要件はなんだったでしょうか??

周辺知識としてテキストで確認しておくといいですね。

 

 

関連記事

  1. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識 確定給付企業年金法の勉強の仕方…

  2. 「社労士試験 労基法 賃金の定義について再度チェックしましょう」過去問…

  3. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 賃金日額ってどうやって決ま…

  4. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「厚生年金法 標準報酬月額の改定ってどう…

  5. 「社労士試験 健康保険法 訪問看護療養費(家族訪問看護療養費)で最初に…

  6. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「国民年金法 保険料の免除の要件って?」…

  7. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「健康保険法 任意継続被保険者になる条件…

  8. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識 船員保険法を攻略するカギは〇〇…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。