過去問

「社労士試験 労基法 適用」労基-154

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は労働基準法の適用」について見てみたいと思います。

請負契約やインターンが労基法にどのように関わるのか確認しましょう。

 

請負契約の場合は労働者になり得るか

(平成27年問1E)

形式上は請負契約のようなかたちをとっていても、その実体において使用従属関係が認められるときは、当該関係は労働関係であり、当該請負人は労働基準法第9条の「労働者」に当たる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

実体において「使用従属関係」が認められるときは、

形式上は請負契約であっても

労働関係があると認められ、労働基準法の適用を受けます。

契約書の体裁だけで労働者性を判断しないということですね。

では次にインターンの学生が労基法の適用を受けるのかどうか見ておきましょう。

 

インターンシップの学生の労働者性

(平成30年問4エ)

いわゆるインターンシップにおける学生については、インターンシップにおいての実習が、見学や体験的なものであり使用者から業務に係る指揮命令を受けていると解されないなど使用従属関係が認められない場合でも、不測の事態における学生の生命、身体等の安全を確保する限りにおいて、労働基準法第9条に規定される労働者に該当するとされている。

 

解説

解答:誤り

インターンの学生においては、通常は使用者からの指揮命令を受けないので、

使用従属関係は認められませんが、

企業の生産活動に従事して利益が発生し、使用者とインターンの学生の間に使用従属関係が認められる時は、

労働基準法の適用を受けます。

ですが、不測の事態を想定した労働者性は規定されていません。

 

今回のポイント

  • 実体において「使用従属関係」が認められるときは、形式上は請負契約であっても労働関係があると認められ、労働基準法の適用を受けます。
  • インターンの学生であっても、企業の生産活動に従事して利益が発生し、使用者とインターンの学生の間に使用従属関係が認められる時は、労働基準法の適用を受けます。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 健康保険法 入院時食事療養費」健保-176

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 併給調整・支給制限…

  3. 「労基法 時間外労働と36協定についての教科書」過去問・労基-27

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 被保険者」過去問・…

  5. 「社労士試験 労基法 変形労働時間制 労基-147」

  6. 「社労士試験 安衛法 健康診断について問われているポイントとは」過去問…

  7. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「社一 介護保険法の勉強を効率的に進める…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 資格喪失後の給付」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。