未分類

「社労士試験 社会保険に関する一般常識・船員保険法・保険給付 社労士プチ勉強法」社一-144

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は社会保険に関する一般常識より「船員保険法」について見てみようと思います。

今回は、保険給付がテーマになった過去問を取り上げましたので確認しましょう。

 

疾病任意継続被保険者も傷病手当金の支給はある?

(令和4年問10D)

船員保険の被保険者であった者が、令和3年10月5日にその資格を喪失したが、同日、疾病任意継続被保険者の資格を取得した。

その後、令和4年4月11日に発した職務外の事由による疾病若しくは負傷又はこれにより発した疾病につき療養のため職務に服することができない状況となった場合は、

船員保険の傷病手当金の支給を受けることはできない。

 

解説

解答:誤り

船員保険法の傷病手当金の規定では、

疾病任意継続被保険者または疾病任意継続被保険者であった者に対する傷病手当金の支給は、

その被保険者の資格を取得した日から起算して1年以上経過したときに発した疾病もしくは負傷またはこれにより発した疾病については行わない

としています。

問題文では、疾病任意継続被保険者の資格を取得してから1年を経過していないので傷病手当金の支給対象となります。

では次に、行方不明手当金について見てみましょう。

 

行方不明手当金が支給されない事由とは

(令和4年問9B)

船員保険において、被保険者の行方不明の期間に係る報酬が支払われる場合には、その報酬の額の限度において行方不明手当金は支給されない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

行方不明手当金は、

被保険者が職務上の事由により行方不明となった場合に

被保険者が行方不明となっ た日の翌日から起算して3月間を限度として

被扶養者に対して支給されますが、

行方不明の期間にかかる報酬が支払われるときは、その額の限度において行方不明手当金は支給されません。

 

今回のポイント

  • 船員保険法の傷病手当金の規定では、疾病任意継続被保険者または疾病任意継続被保険者であった者に対する傷病手当金の支給は、その被保険者の資格を取得した日から起算して1年以上経過したときに発した疾病もしくは負傷またはこれにより発した疾病については行われません
  • 行方不明手当金は、被保険者が職務上の事由により行方不明となった場合に被保険者が行方不明となっ た日の翌日から起算して3月間を限度として被扶養者に対して支給されます。

 

社労士プチ勉強法

「本試験の会場へ下見に行きましたか?」

受験票が届き、本試験の会場も判明したころかと思います。

もし知っている会場でも可能であれば下見に行っておくことをお勧めします。

前回訪れたときとは様子が変わっている可能性もありますので、

ご自身の安心を得るためにも、モチベーションを上げるためにも

確認をしておくといいですね。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 健康保険法 日雇特例被保険者を勉強するときのポイントとは…

  2. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「労災保険法 労災保険の適用除外になるの…

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 最低賃金…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 強制適用事業所と任…

  6. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識 確定給付企業年金法」社一-13…

  7. 社労士試験 労働に関する一般常識 統計対策にはやり方があります!」労一…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 有期事業の概算保険料の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。