過去問

「社労士試験 雇用保険法 傷病手当」雇-141

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は雇用保険法より「傷病手当」について見てみようと思います。

傷病手当がどのような要件で支給されるのかについて過去問を読んで確認しましょう。

 

傷病手当金が支給されるための条件

(令和2年問4A)

疾病又は負傷のため職業に就くことができない状態が当該受給資格に係る離職前から継続している場合には、他の要件を満たす限り傷病手当が支給される。

 

解説

解答:誤り

傷病手当は、

  • 離職後公共職業安定所に出頭し、求職の申込みをしたにおいて、
  • 疾病または負傷のために職業に就くことができない場合に、
  • 疾病または負傷のために基本手当の支給を受けることができない

について支給されます。

なので、離職前から職業に就くことができない場合は傷病手当の対象外です。

さて、次に延長給付の受給中に傷病手当が支給されるのかどうかについて見てみましょう。

 

延長給付の受給中に傷病手当は支給される?

(平成28年問2ウ)

広域延長給付に係る基本手当を受給中の受給資格者が疾病又は負傷のために公共職業安定所に出頭することができない場合、傷病手当が支給される。

 

解説

解答:誤り

傷病手当は、基本手当の支給を受けることができない日について支給されるので、

すでに基本手当を使い切ってしまった延長給付を受給していても傷病手当は支給されません。

 

今回のポイント

  • 傷病手当は、
    • 離職後公共職業安定所に出頭し、求職の申込みをしたにおいて、
    • 疾病または負傷のために職業に就くことができない場合に、
    • 疾病または負傷のために基本手当の支給を受けることができない

    について支給されます。

  • 延長給付を受給していても傷病手当は支給されません。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約法 安全配慮義務」労一-1…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 給付制限(不正受給…

  3. 「社労士試験 雇用保険法 5分で読める!教育訓練給付のキモ」過去問・雇…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 特例一時金」雇用-…

  5. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 ウチ、有期事業の一括できます?…

  6. 「社労士試験 労災保険法 特別支給金の効率的な押さえ方」過去問・労災-…

  7. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識・確定拠出年金法 社労士プチ勉強…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 滞納に対する措置」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。