過去問

「社労士試験 雇用保険法 被保険者の種類」雇-148

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は雇用保険法の「被保険者の種類」について見てみようと思います。

今日は短期雇用特例被保険者と日雇労働被保険者がテーマになった過去問を取り上げましたので確認しましょう。

 

短期雇用特例被保険者になるためには

(平成26年問5A)

100日の期間を定めて週あたり労働時間が35時間で季節的に雇用されていた者が、引き続き30日間雇用されるに至った場合は、その30日間の初日から短期雇用特例被保険者となる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

4か月以内の期間を定めて季節的に雇用される者が、

その定められた期間を超えて引き続き同一の事業主に雇用されるに至ったときは、

その定められた期間を超えた日から被保険者資格を取得します。

問題文の場合、

100日(4か月以内)の期間を季節的に雇用される者が、

引き続き30日間雇用されるに至ったので、

その30日間の初日(定められた期間を超えた日)から短期雇用特例被保険者となります。

さて、次は日雇労働被保険者について見てみましょう。

被保険者または被保険者であった者は、

いつでも被保険者となったこと、または被保険者で なくなったことの確認を請求することができますが、

日雇労働被保険者の場合はどうでしょう。

 

日雇労働被保険者と被保険者資格の確認

(平成29年問3C)

日雇労働被保険者に関しては、被保険者資格の確認の制度が適用されない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

一般の被保険者は、事業主が被保険者資格の取得の手続きをしますので、

被保険者資格の確認をする制度がありますが、

日雇労働被保険者は、自分で資格取得の手続きをするので、

資格を確認する必要がありません。

 

今回のポイント

  • 4か月以内の期間を定めて季節的に雇用される者が、その定められた期間を超えて引き続き同一の事業主に雇用されるに至ったときは、その定められた期間を超えた日から被保険者資格を取得します。
  • 日雇労働被保険者は、自分で資格取得の手続きをするので、資格確認の制度の対象外です。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 適用事業所」健保-…

  2. 「社労士試験 厚生年金法 未支給の保険給付はこれで大丈夫!」過去問・厚…

  3. 「雇用保険法 再就職手当(就職促進給付)の理解に役立つ過去問5選」過去…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 安衛法・就業制限 社労士プチ勉…

  5. 「社労士試験 健康保険法 全国健康保険協会」健保-147

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 就職促進給付(再就…

  7. 「社労士試験 労災保険法 給付に関する通則で押さえておきたい要件とは」…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保健法 基本手当の受給」過…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。