過去問

「社労士試験 厚生年金法 被保険者」厚年-139

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は厚生年金法より「被保険者」について触れてみようと思います。

被保険者となるべき者ならない者についてチェックしましょう。

 

株式会社の代表取締役は被保険者になる?

(令和2年問6E)

株式会社の代表取締役は、70歳未満であっても被保険者となることはないが、代表取締役以外の取締役は被保険者となることがある。

 

解説

解答:誤り

法人の代表者も、法人から労務の対償として報酬を受けている者は、

法人に使用される者として被保険者となります。

では次に、臨時的事業に使用される者が被保険者となる場合があるのかについて見てみましょう。

 

臨時的事業に使用される者が被保険者になることがある?

(平成28年問8E)

4か月間の臨時的事業の事業所に使用される70歳未満の者は、その使用されるに至った日から被保険者となる。

 

解説

解答:誤り

臨時的事業の事業所に使用される者は、原則として適用除外になるので被保険者になりません。

しかし、継続して6月を超えて使用されるべき場合は、

その使用されるに至った最初の日から被保険者になります。

 

今回のポイント

  • 法人の代表者も、法人から労務の対償として報酬を受けている者は、法人に使用される者として被保険者となります。
  • 臨時的事業の事業所に使用される者は、原則として適用除外になるので被保険者になりませんが、継続して6月を超えて使用されるべき場合は、その使用されるに至った最初の日から被保険者になります。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 特別支給の老齢厚生…

  2. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識 いま見ておきたい!介護保険法の…

  3. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「労基法 労働時間の定義とは?」 労基-…

  4. 「社労士試験 安衛法 監督組織と事業者との関わりとは」過去問・安衛-4…

  5. 「社労士試験 安衛法 衛生管理者」安衛-130

  6. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「労災保険法 支給制限の種類の違いは分か…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労災保険法 通勤災害」過去問・…

  8. 「社労士試験 健康保険法 報酬の定義」健保-155

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。