過去問

「社労士試験 労基法 時間外・休日の労働」労基-168

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は労基法の「時間外・休日の労働」について見てみたいと思います。

ここでは、36協定を中心に確認していくことにしましょう。

 

36協定を締結しなければならない要件

(令和4年問3D)

就業規則に所定労働時間を1日7時間、1週35時間と定めたときは、1週35時間を超え1週間の法定労働時間まで労働時間を延長する場合、各日の労働時間が8時間を超えずかつ休日労働を行わせない限り、法36条第1項の協定をする必要はない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

問題文の場合、1日の労働時間が法定労働時間である8時間を超えず、

かつ、休日労働を行わせないのであれば、36協定を締結する必要はありません。

では次にフレックスタイム制を採用している事業場における36協定について見てみましょう。

 

フレックスタイム制と36協定

(令和3年問5E)

労働基準法第32条の3に定めるいわゆるフレックスタイム制を導入している場合の同法第36条による時間外労働に関する協定における1日の延長時間については、1日8時間を超えて行われる労働時間のうち最も長い時間数を定めなければならない。

 

解説

解答:誤り

フレックスタイム制の場合、始業時間・就業時間について労働者が決定しますので、

「1日」について延長できる労働時間を36協定において協定せず、

1ヶ月、1年における時間外の労働時間の締結をすることになります。

 

今回のポイント

  • 1日の労働時間が法定労働時間である8時間を超えない、1週間の労働時間が法定労働時間である40時間を超えず、かつ、休日労働を行わせないのであれば、36協定を締結する必要はありません。
  • フレックスタイム制の場合、始業時間・就業時間について労働者が決定しますので、36協定においては「1日」について延長できる労働時間は協定しません。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

関連記事

  1. 「社労士試験 安衛法 元方事業者・注文者の講ずべき措置にはどんなものが…

  2. 「社労士試験 健康保険法 高額療養費」健保-181

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労災保険法 支給制限」労災-1…

  4. 社労士勉強法 過去問攻略!「労一 労働契約法 使用者の労働者に対する必…

  5. 「社労士試験 国民年金法 5分で読める!寡婦年金の要点とは」過去問・国…

  6. 「厚生年金法 早わかり障害厚生年金額の論点」過去問・厚-38

  7. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「厚生年金法 雇用保険法との調整ってどう…

  8. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「社一 船員保険法と健康保険法で違うとこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。