【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 併給調整」過去問・厚年-99

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、厚生年金保険法から「併給調整」について見てみたいと思います。

どの年金が併給できるのかできないのかややこしいですが、過去問を見ながら覚えていきましょう。

 

老齢厚生年金と併給できるのは、、

(平成24年問3A)

65歳に達している受給権者にかかる老齢厚生年金は、老齢基礎年金及び付加年金並びに障害基礎年金と併給できるが、遺族基礎年金とは併給できない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

老齢厚生年金は、

  • 老齢基礎年金+付加年金
  • 障害基礎年金

と併給できますが、遺族基礎年金とは併給できません。

では次に、遺族厚生年金について見てみましょう。

遺族厚生年金は、どの基礎年金と併給ができるでしょうか。

下の問題では、障害基礎年金がテーマになっていますので見てみましょう。

 

遺族厚生年金と障害基礎年金は併給できる?

(平成26年問10C)

障害基礎年金の受給権者である男性が65歳で遺族厚生年金の受給権を得た場合、それぞれを併給することができる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

遺族厚生年金は、障害基礎年金と併給することができます。

障害基礎年金は、老齢厚生年金とも併給できましたから強いですね。

それでは最後に、障害厚生年金について見てみましょう。

 

障害厚生年金と老齢基礎年金の組み合わせは?

(平成28年問9B)

障害等級3級の障害厚生年金の受給権者が65歳になり、老齢基礎年金の受給権を取得したとしても、それらは併給されないため、いずれか一方のみを受給することができるが、遺族厚生年金の受給権者が65歳になり、老齢基礎年金の受給権を取得したときは、それらの両方を受給することができる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

障害厚生年金は、老齢基礎年金と併給することができず、遺族基礎年金とも併給できません。

 

今回のポイント

  • 老齢厚生年金は、
    • 老齢基礎年金+付加年金
    • 障害基礎年金

    と併給できますが、遺族基礎年金とは併給できません。

  • 遺族厚生年金は、障害基礎年金と併給することができます。
  • 障害厚生年金は、老齢基礎年金と併給することができず、遺族基礎年金とも併給できません。

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 労基法 雑則で押さえるべきポイントはここから!」過去問・…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 社会保険に関する一般常識 児童…

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 社会保険に関する一般常識 確定…

  4. 「労一 男女雇用機会均等法・育児介護休業法で押さえておきたいポイントと…

  5. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 保険関係の成立届はどこに出す?…

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労災保険法 雑則」過去問・労災…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 被保険者」過去問・…

  8. 「労基法 時間外や休日の労働にからむ36協定や坑内労働の考え方」過去問…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。