【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 不服申立て」過去問・徴-90

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、徴収法不服申立について見ていきたいと思います。

他の法律と違った取り扱いをしているところがありますので、機会を見つけて横断的に確認されてみるのも良いかと思います。

では最初に、具体的な不服申立の方法について確認しますので、下の過去問を読んでみましょう。

 

徴収法における不服申立ての方法とは

(平成28年労災問9ア)

概算保険料に係る認定決定に不服のある事業主は、当該認定決定について、その処分庁である都道府県労働局歳入徴収官に対し、異議申立てを行うことができる。(問題文を再構成しています)

 

解説

解答:誤り

徴収法では、異議申立てではなく、行政不服審査法により「厚生労働大臣」に対して「審査請求」をすることによって不服申立てをすることができます。

ちなみに、この審査請求は、代理人によってすることもできます。

ただ、審査請求を取り下げるときは、特別の委任を受けた場合に限り行うことができます。

で、不服申立ては、審査請求以外の方法でも行うことができます。

それはどのような方法なのか下の問題で確認しましょう。

 

徴収法における不服申立ての方法とは その2

(平成28年労災問9エ)

概算保険料に係る認定決定に不服のある事業主は、当該認定決定について、直ちにその取消しの訴えを提起することができる。(問題文を再構成しています)

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

徴収法では、審査請求をせずにいきなり裁判所に対して処分取り消しの訴え提起することができます。

ここが他の法律と違う最大の特徴ですね。

では最後に、再び審査請求に戻りますが審査請求をすることができる期限について見ておきましょう。

次の問題では、期限を過ぎた場合の取扱いがテーマになっていますので確認しましょう。

 

審査請求の期限を過ぎたらアウト?

(令和2年雇用問10B)

労働保険徴収法の規定による処分に不服がある者は、処分があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内であり、かつ、処分があった日の翌日から起算して1年以内であれば、厚生労働大臣に審査請求をすることができる。ただし、当該期間を超えた場合はいかなる場合も審査請求できない。

 

解説

解答:誤り

徴収法では、

  • 処分があったことを「知った」日の翌日から起算して「3ヶ月以内
  • 処分が「あった」日の翌日から起算して「1年以内

であれば審査請求をすることができます。

その期間を超えてしまうと原則として審査請求できませんが、「正当な理由がある」時はその限りではないとされています。

 

今回のポイント

  • 徴収法では、行政不服審査法により「厚生労働大臣」に対して「審査請求」をすることによって不服申立てを行うことができます。
  • また、審査請求をせずにいきなり裁判所に対して処分取り消しの訴え提起することができます。
  • 審査請求は、
    • 処分があったことを「知った」日の翌日から起算して「3ヶ月以内
    • 処分が「あった」日の翌日から起算して「1年以内

    であれば行うことができます。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 社会保険に関する一般常識 高齢…

  2. 「社労士試験 国民年金法 不服申立ての流れを再チェックしましょう」過去…

  3. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「労基法 就業規則についての規定はどうな…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 保険料」過去問・国…

  5. 「社労士試験 徴収法 概算保険料の延納の克服方法とは」過去問・徴-55…

  6. 「雇用保険法 ややこしい専門実践教育訓練の勉強方法とは」過去問・雇-4…

  7. 「社労士試験 雇用保険法 サクサク復習!基本手当の受給資格」過去問・雇…

  8. 「社労士試験 健康保険法 保険医・保険薬剤師・指定訪問看護事業者の取扱…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。