【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約法」過去問・労一-51

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は、労働に関する一般常識から労働契約法について見てみようと思います。

今回は、労働契約法の中から「使用者」にまつわる過去問を集めましたので、まずは「使用者」の定義から確認していきましょう。

 

労働契約法でいうところの「使用者」とは

(平成29年問1A)

労働契約法第2条第2項の「使用者」とは、「労働者」と相対する労働契約の締結当事者であり、「その使用する労働者に対して賃金を支払う者」をいうが、これは、労働基準法第10条の「使用者」と同義である。

 

解説

解答:誤り

使用者について、労働契約法と労働基準法の定義では違いがあります。

労働契約法の使用者は「その使用する労働者に対して賃金を支払う者」となっていて、

労働基準法では、「事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者」とあります。

労働契約法の使用者は、「賃金を支払う者」なので、労基法の「事業主」の立ち位置になります。

なので、労働契約法の方が労働基準法よりもが定義が狭いですから、同義ではありませんね。

で、使用者は労働契約を結んだ労働者に対して仕事をしてもらうわけですが、

労働者が安全に仕事ができるように、使用者は必要な配慮をする必要があります。

これを「安全配慮義務」と言います。

では、使用者に対する安全配慮義務がどの範囲まで求められているのか見てみましょう。

 

安全配慮義務の内容

(平成28年問1ア)

労働契約法第5条は労働者の安全への配慮を定めているが、その内容は、一律に定まるものではなく、使用者に特定の措置を求めるものではないが、労働者の職種、労務内容、労務提供場所等の具体的な状況に応じて、必要な配慮をすることが求められる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

使用者への安全配慮義務は、一律に具体的に範囲が決まっているわけではないのですが、

労働者の仕事内容や仕事場所などに応じて必要な配慮が求められています。

こちらについては、通達がありますのでご自由にご参考になさってみてくださいね。(9ページに記載があります)

 

参考記事:労働契約法の施行について 基発0810第2号 平成24年8月10日

 

今回のポイント

  • 労働契約法の「使用者」とは、「その使用する労働者に対して賃金を支払う者」となっていて、労働基準法よりも狭い定義になっています。
  • 使用者の安全配慮義務は、一律に決まっているものではなく、特定の措置が求められているわけではありませんが、労働者の職種や労務内容、労務提供場所など具体的な状況に応じて、必要な配慮をすることが求められています。

 

社労士プチ勉強法

「知識を定着させるためのテッパンの方法とは」

仕事や家事、育児など忙しい毎日の中、時間を見つけて勉強を進めている以上、少しでも効果的に知識を定着させたいですよね。

テキストを読む、問題を解くといったことに一手間を加えるだけで、学習効果は飛躍的に上がります。

それは、「書く」、「話す」、「要約する」です。

つまり、アウトプットをするということですね。

問題を解くのもアウトプットですが、解くだけではなく、たとえば論点を自分の頭の中で整理して書き出すといった作業を加えるということです。

自分が覚えた知識を家族に話してもいいですし、頭の中で「つまり、これは◯◯ということ」という具合に要約をして確認してもらってもいいと思います。

全てを実行できなくてもいいので、どれか一つでも取り入れて試していただき、あなたに合った勉強法を作っていただけたらと思います。

これらを行いながら、繰り返し学習を進めていただくと知識は少しずつでも確実に定着していきますのでご参考になれば幸いです。^_^

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

 

関連記事

  1. 「社一 船員保険法 健康保険法を使った勉強法とは」過去問・社一-9

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 継続事業の一括」過去問…

  3. 「健康保険法 過去問で読み解く随時改定のウラ側とは」過去問・健保-34…

  4. 社労士勉強法 過去問攻略!「労基法 賃金かどうかどうやって見分ける?」…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 老齢厚生年金の支給…

  6. 「社労士試験 労働に関する一般常識 これだけはマスターしておきたい労働…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 雇用保険の失業等給…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 継続事業のメリット制」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。