過去問

「社労士試験 健康保険法 保険外併用療養費」健保-177

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は健康保険法の「保険外併用療養費」について見てみたいと思います。

ここでは、選定療養について取り上げましたので確認しましょう。

 

予約診察を受けた時の特別料金の取り扱い

(平成28年問7C)

被保険者が予約診察制をとっている病院で予約診察を受けた場合には、保険外併用療養費制度における選定療養の対象となり、その特別料金は、全額自己負担となる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

被保険者が予約診察制をとっている病院で、

予約診察を受けた場合、

保険外併用療養費制度における選定療養の対象となり、

予約料金としての特別料金は、

全額自己負担になります。

では次に、紹介状なしに初診を受けた場合の選定療養となる基準について見てみましょう。

 

紹介状なしに初診を受けた場合に選定療養となる基準とは

(平成26年問1E)

被保険者が病床数100床以上の病院で、他の病院や診療所の文書による紹介なしに初診を受けたとき、当該病院はその者から選定療養として特別の料金を徴収することができる。ただし、緊急その他やむを得ない事情がある場合に受けたものを除く。

 

解説

解答:誤り

被保険者が病床数100床ではなく「200床以上」の病院で、

紹介なしに初診を受けたときは、

その病院はその者から選定療養として特別の料金を徴収することができます。

ですが、緊急その他やむを得ない事情がある場合に受けた場合は対象外です。

 

今回のポイント

  • 被保険者が予約診察制をとっている病院で、予約診察を受けた場合、選定療養の対象となり、予約料金としての特別料金は、全額自己負担になります。
  • 被保険者が病床数「200床以上」の病院で、紹介なしに初診を受けたときは、その病院はその者から選定療養として特別の料金を徴収することができます。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

関連記事

  1. 「健康保険法 入院したときの健康保険の制度はこうやって押さえる!」過去…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 基本手当の受給資格…

  3. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「健康保険法 全国健康保険協会と厚生労働…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労基法 労働時間の適用除外」労…

  5. 「社労士試験 安衛法 面接指導について要件の違いを確認しましょう」過去…

  6. 「社労士試験 安衛法 監督組織・雑則についての取扱説明書」過去問・安衛…

  7. 「社労士試験 安衛法 事業者の講ずべき措置から考える本試験での対応」過…

  8. 「健康保険法 5分でわかる!埋葬料(埋葬費・家族埋葬料)の支給要件」過…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。