過去問

「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約法・就業規則の変更」労一-126

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、労働に関する一般常識より「労働契約法・就業規則の変更」について見てみようと思います。

就業規則での労働条件の不利益変更や、変更後の就業規則が効力を持つための条件について確認しましょう。

 

就業規則で労働条件を不利益に変更するには

(平成29年問1B)

「労働契約の内容である労働条件は、労働者と使用者との個別の合意によって変更することができるものであるが、就業規則に定められている労働条件に関する条項を労働者の不利益に変更する場合には、労働者と使用者との個別の合意によって変更することはできない。」とするのが、最高裁判所の判例である。

 

解説

解答:誤り

労働契約法の第9条には、

「使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。(後略)」

と規定されていますので、労使が合意すれば労働条件を不利益に変更することは可能です。

ちなみに、所定の要件を満たせば、労働者の同意を得ることなく、変更後の就業規則が労働条件として効力を持ちます。

では、変更後の就業規則が効力を持つための要件とはなんでしょうか。

 

変更後の就業規則が法的効果を持つには、、

(平成29年問1C)

使用者が就業規則の変更により労働条件を変更する場合において、労働契約法第11条に定める就業規則の変更に係る手続を履行されていることは、労働契約の内容である労働条件が、変更後の就業規則に定めるところによるという法的効果を生じさせるための要件とされている。

 

解説

解答:誤り

変更後の就業規則が効力を持つためには、

  • 変更後の就業規則を労働者に周知されている
  • 就業規則の変更が、労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、労働組合等との交渉の状況その他の就業規則の変更に係る事情に照らして合理的なものである

ことが必要です。

 

今回のポイント

  • 労働契約法の第9条には、「使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。(後略)」と規定されています。
  • 変更後の就業規則が効力を持つためには、
    • 変更後の就業規則を労働者に周知されている
    • 就業規則の変更が、労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、労働組合等との交渉の状況その他の就業規則の変更に係る事情に照らして合理的なものである

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

関連記事

  1. 「社労士試験 徴収法 有期事業の一括の要件を総チェック!」過去問・徴-…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労基法 割増賃金」労基-131…

  3. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 技能習得手当と傷病手当の要…

  4. 「社労士試験 厚生年金保険法 厚生年金保険事業」厚年-177

  5. 「社労士試験 徴収法 労働保険料の額がどのように定まるか思い出せますか…

  6. 「労災保険法 雑則のツボはこれ!」過去問・労災-39

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 保険料の繰上げ徴収…

  8. 「社労士試験 健康保険法 保険外併用療養費」健保-177

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。