過去問

「社労士試験 労基法 就業規則」労基-173

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、労基法の「就業規則」を見てみようと思います。

ここでは就業規則の作成義務について確認していきましょう。

 

労働契約書に労働条件を網羅していれば就業規則はいらない?

(平成28年問5A)

労働基準法第89条所定の事項を個々の労働契約書に網羅して記載すれば、使用者は、別途に就業規則を作成していなくても、本条に規定する就業規則の作成義務を果たしたものとなる。

 

解説

解答:誤り

労働契約書で労働条件を網羅すれば就業規則を作成しなくても良いという規定はなく、

常時10人以上」の労働者を使用する使用者は、

所定の事項について就業規則を作成して、

行政官庁に届け出る必要があります。

では、「常時10人」とはどのようにカウントするのでしょうか。

下の過去問を読んでみましょう。

 

就業規則作成義務の要件となる労働者数のカウント方法

(令和2年問7D)

1つの企業が2つの工場をもっており、いずれの工場も、使用している労働者は10人未満であるが、2つの工場を合わせて1つの企業としてみたときは10人以上となる場合、2つの工場がそれぞれ独立した事業場と考えられる場合でも、使用者は就業規則の作成義務を負う。

 

解説

解答:誤り

「常時10人以上」とは、事業場単位でカウントしますので、

問題文のように企業単位で算定するわけではありません。

一つの工場で常時使用する労働者が10人未満であれば就業規則の作成義務はありません。

 

今回のポイント

  • 常時10人以上」の労働者を使用する使用者は、所定の事項について就業規則を作成して、行政官庁に届け出る必要があります。
  • 「常時10人以上」とは、事業場単位でカウントします。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労基法 労働時間」労基-127…

  2. 【全科目をふわっと眺める】「社労士試験 雇用保険法 適用事業所の届出」…

  3. 「社労士試験 労働に関する一般常識 労働組合法 労働協約」労一-112…

  4. 「社労士試験 労基法 平均賃金」労基-142

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 老齢基礎年金の年金…

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 安衛法 事業者と健康診断」過去…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 口座振替による納付」徴…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 保険料の免除」国年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。