過去問

「社労士試験 徴収法 労働保険料」徴収-151

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は徴収法の「労働保険料」に触れてみようと思います。

労働保険料の根拠となる賃金や、特別加入がテーマになった過去問を取り上げましたので見てみましょう。

 

徴収法における「賃金」の範囲

(令和5年雇用問10A)

労働保険徴収法における「賃金」のうち、食事、被服及び住居の利益の評価に関し必要な事項は、所轄労働基準監督署長又は所轄公共職業安定所長が定めることとされている。

 

解説

解答:誤り

徴収法で扱われる「賃金」で、食事などの通貨以外のもので支払われるものの「評価」に関して必要な事項は、

所轄労働基準監督署長などではなく「厚生労働大臣」が定めることになっています。

ちなみに、通貨以外のもので支払われるものについて、

「食事、被服及び住居の利益のほか、所轄労働基準監督署長または所轄公共職業安定所長が定めるもの」は賃金となります。

つまり、通貨以外で支払われるものについて、賃金に該当するかどうかは所轄労働基準監督署長または所轄公共職業安定所長が決めるということになります。

さて、フードデリバリーの自転車配達員が労災保険に加入して労災保険料を納付する場合、

労働保険料の種類はどれになるのでしょうか。

下の過去問を読んでみましょう。

 

フードデリバリーの配達員が労働保険料を納付するとしたら、、、

(令和5年労災問8D)

フードデリバリーの自転車配達員が労災保険法の規定により労災保険に特別加入をすることができる者とされた場合、当該者が納付する特別加入保険料は第2種特別加入保険料である。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

フードデリバリーの自転車配達員が特別加入する場合、

一人親方の扱いになるので

第2種特別加入の対象となり、

第2種特別加入保険料を納付することになります。

 

今回のポイント

  • 徴収法で扱われる「賃金」で、食事などの通貨以外のもので支払われるものの「評価」に関して必要な事項は、所轄労働基準監督署長などではなく「厚生労働大臣」が定めることになっています。
  • フードデリバリーの自転車配達員が特別加入する場合、第2種特別加入の対象となります。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約…

  2. 「労災保険法 雑則のツボはこれ!」過去問・労災-39

  3. 「労災保険法 5分で分かる!特別加入についての論点」過去問・労災-38…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 国民年金基金」過去…

  5. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「国民年金法 保険料の免除の要件って?」…

  6. 「社労士試験 安衛法 元方事業者の講ずべき措置」安衛-152

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 資格取得時決定・随…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労災保険法 休業(補償)等給付…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。