【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 社会保険に関する一般常識 国民健康保険法」社一-72

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、社会保険に関する一般常識から「国民健康保険法」について見てみたいと思います。

今日は、不服申立がテーマになった過去問を取り上げましたので読んでみましょう。

 

国民健康保険に関する不服申立先はどこ?

(令和元年問6E)

保険給付に関する処分(被保険者証の交付の請求又は返還に関する処分を含む。)又は保険料その他国民健康保険法の規定による徴収金(同法附則第10条第1項に規定する療養給付費等拠出金及び事務費拠出金を除く。)に関する処分に不服がある者は、国民健康保険審査会に審査請求をすることができる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

国民健康保険における不服申立は、国民健康保険審査会審査請求をすることになります。

国民健康保険審査会は、各都道府県に設置されています。

ちなみに審査請求は、処分があったことを知った日の翌日から起算して3月以内に、文書か口頭でする必要があります。

では次に「提起」について見ておきましょう。

 

提起は審査請求をしなくてもできる?

(平成29年問6B)

国民健康保険の保険料に関する処分の取消しの訴えは、当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければ、提起することができない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

処分取消しのの訴えは、審査請求に対する裁決を経た後という順序になっています。

ただ、審査請求の裁決が長引いて時効に影響を与えるといけませんので、審査請求は、時効の完成猶予や更新に関しては、裁判上の請求とみなされます。

 

今回のポイント

  • 国民健康保険における不服申立は、国民健康保険審査会審査請求をすることになります。
  • 処分取消しのの訴えは、審査請求に対する裁決を経た後という順序になっています。

 

社労士試験プチ勉強法

「どうしても覚えきれない項目に対する対処法」

何度繰り返しても、同じところで間違えたり、数字を覚えきれないことがあるかも知れません。

そのように、どうしてもつまづいてしまう項目については、別にピックアップして、ちょっとしたスキマ時間に確認できるようにフォローしておくと良いですね。

書き写すと時間がかかるので、該当箇所をコピーして持ち歩くのも良いかと思います。

できるだけ繰り返す頻度を上げることで脳内に定着させるようにしたいところですね。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 資格の得喪」国年-…

  2. 「労基法 時間外労働や休日労働を行うための取扱説明書」過去問・労基-3…

  3. 社労士勉強法 過去問攻略!「労基法 労働者の見分け方?」 労基-3

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 遺族基礎年金の額」…

  5. 「労基法 時間外や休日の労働にからむ36協定や坑内労働の考え方」過去問…

  6. 「社労士試験 国民年金法 サクサクわかる!合算対象期間の考え方」過去問…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 届出」過去問・厚-…

  8. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「健康保険法 日雇特例被保険者に関する保…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。