【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 差し押さえ・公課」過去問・厚年-98

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、厚生年金保険法から「差し押さえ公課」について見ていきたいと思います。

厚生年金には、いくつか保険給付がありますが、差し押さえたり税金をかけたりすることができるのでしょうか。

過去問を読みながら確認しましょう。

 

障害厚生年金に対して差し押さえたり公課を課したりできるのか

(平成27年問8C)

障害厚生年金を受ける権利は、譲り渡し、又は差し押えることはできず、また、障害厚生年金として支給を受けた金銭を標準として、租税その他の公課を課すこともできない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

法41条では、「保険給付を受ける権利は、譲り渡し担保に供し、又は差し押えることができない。」と規定されており、

「租税その他の公課は、保険給付として支給を受けた金銭を標準として、課することができない。」とも定められていますので、障害厚生年金を受ける権利に対して差し押さえたり公課を課すことはできません。

では、それを踏まえて次の過去問を見てみましょう。

この問題では、遺族厚生年金がテーマになっています。

 

遺族厚生年金はどう?

(平成26年問7D)

遺族厚生年金を受ける権利は、国税滞納処分により差し押さえることができる。

 

解説

解答:誤り

遺族厚生年金を受ける権利も、差し押さえをすることができません。

このように、切り口を変えられても原則をきっちり押さえておけば対応できますね。

さて、ここまで障害厚生年金と遺族厚生年金について見てきましたが、老齢厚生年金の場合はどうでしょうか。

やはり、差し押さえや公課はNGなのでしょうか?

 

老齢厚生年金の場合は、、、

(令和2年問5E)

老齢厚生年金の保険給付として支給を受けた金銭を標準として、租税その他の公課を課することはできない。

 

解説

解答:誤り

老齢厚生年金に対しては、公課を課すことができます。

また、国税滞納処分により差し押えることも可能です。

1問目にご紹介した規定には、実は続きがあったのです。

法41条では、

「保険給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差し押えることができない。ただし、老齢厚生年金を受ける権利を国税滞納処分(その例による処分を含む。)により差し押える場合は、この限りでない。」

「租税その他の公課は、保険給付として支給を受けた金銭を標準として、課することができない。ただし、老齢厚生年金については、この限りでない。」

と規定されています。

老齢厚生年金だけは例外扱いされているのですね。

 

今回のポイント

  • 厚生年金の保険給付に対しては、差し押さえたり公課を課すことがは原則としてできませんが、老齢厚生年金については例外となっています。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 徴収法 労働保険料の負担と不服申立てのポイントを整理しま…

  2. 「徴収法 概算保険料の納付や延納のあれこれはここから押さえる!」過去問…

  3. 「雇用保険法 過去問で読み解く被保険者の本質とは」過去問・雇-38

  4. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「健康保険法 保険料の納付要件とは?」 …

  5. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「労災保険法 休業(補償)給付の役割とは…

  6. 「国民年金法 つかみどころのない国民年金基金の要件はこれ!」過去問・国…

  7. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 労働保険料の計算方法は?」徴-…

  8. 「健康保険法 健康保険組合の設立から消滅までのポイント」過去問・健保-…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。