過去問

「社労士試験 徴収法 確定保険料の申告・納付」徴収-174

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は徴収法の「確定保険料の申告と納付」について見てみたいと思います。

有期事業での確定保険料の申告方法や概算保険料を払い過ぎている場合の確定保険料の取扱いについて確認しましょう。

 

有期事業にかかる確定保険料の申告

(平成26年雇用問9イ)

請負金額50億円、事業期間5年の建設の事業について成立した保険関係に係る確定保険料の申告書は、事業が終了するまでの間、保険年度ごとに、毎年、7月10日までに提出しなければならない。

 

解説

解答:誤り

単独の有期事業の場合、

保険関係が消滅した日から「50日以内」に確定保険料申告書を提出することになります。

さて、概算保険料を多く支払すぎて確定保険料の額の方が少ない場合でも確定保険料の申告は必要なのでしょうか。

下の過去問を読んでみましょう。

 

概算保険料の額の方が確定保険料の額よりも多い場合の取扱い

(平成30年雇用問9イ)

確定保険料申告書は、納付した概算保険料の額が確定保険料の額以上の場合でも、所轄都道府県労働局歳入徴収官に提出しなければならない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

確定保険料申告書は、

納付した概算保険料の額が確定保険料の額以上の場合であっても、

所轄都道府県労働局歳入徴収官に提出する必要があります。

 

今回のポイント

  • 単独の有期事業の場合、保険関係が消滅した日から「50日以内」に確定保険料申告書を提出することになります。
  • 確定保険料申告書は、納付した概算保険料の額が確定保険料の額以上の場合であっても、所轄都道府県労働局歳入徴収官に提出する必要があります。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 社会保険に関する一般常識・船員…

  2. 「社労士試験 労働に関する一般常識・労働契約法」労一-105

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働者派…

  4. 「社労士試験 国民年金法 サクサクわかる!合算対象期間の考え方」過去問…

  5. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「健康保険法 健康保険組合が合併・分割す…

  6. 「社労士試験 国民年金法 ズバリ!障害基礎年金の額についての論点はコレ…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働組合…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 任意継続被保険者」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。