過去問

「社労士試験 雇用保険法 未支給の失業等給付」雇-161

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は雇用保険法の「未支給の失業等給付」に触れてみようと思います。

未支給の失業等給付の請求方法や請求期限について見てみましょう。

 

未支給の失業等給付の請求方法

(令和3年問2B)

失業等給付の支給を受けることができる者が死亡した場合において、未支給の失業等給付の支給を受けるべき順位にあるその者の遺族は、死亡した者の名でその未支給の失業等給付の支給を請求することができる。

 

解説

解答:誤り

失業等給付の支給を受けることができる者が死亡した場合、

その者に支給されるべき失業等給付でまだ支給されていないものがあるときは、

その者の配偶者父母祖父母または兄弟姉妹で、

その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたものは、

自己の名」で、その未支給の失業等給付の支給を請求することができます。

なので、死亡した者の名前で請求するわけではありません。

また、配偶者については、婚姻の届出をしていなくて、事実上婚姻関係と同様の事情にあった者を含みます。

次に未支給の失業等給付の請求期限について確認しましょう。

 

未支給の失業等給付の請求期限

(令和3年問2E)

受給資格者の死亡により未支給の失業等給付の支給を請求しようとする者は、当該受給資格者の死亡の翌日から起算して3か月以内に請求しなければならない。

 

解説

解答:誤り

未支給の失業等給付の請求期限は、

受給資格者の死亡の翌日から起算して3か月以内ではなく「6か月以内」です。

 

今回のポイント

  • 失業等給付の支給を受けることができる者が死亡した場合、その者に支給されるべき失業等給付でまだ支給されていないものがあるときは、その者の配偶者父母祖父母または兄弟姉妹で、その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたものは、「自己の名」で、その未支給の失業等給付の支給を請求することができます。
  • 未支給の失業等給付の請求期限は、受給資格者の死亡の翌日から起算して3か月以内ではなく「6か月以内」です。

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 安衛法・元方事業者の講ずべき措…

  2. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「労災保険法 特別加入に規定されている要…

  3. 「社労士試験 労基法 定義」労基-153

  4. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識 社会保険審査官及び社会保険審査…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 不服申立て」厚年-…

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労基法 賃金の支払」労基-12…

  7. 「社労士試験 国民年金法 遺族基礎年金の支給停止」国年-132

  8. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「安衛法 自主検査はどんなものに必要?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。