過去問

「社労士試験 雇用保険法 特例一時期金」雇-143

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は雇用保険法の「特例一時金」について見てみたいと思います。

特例一時金にかかる受給期限の延長や待期期間について確認しましょう。

 

特例一時金を受けるために特例受給資格に受給期限の延長はある?

(令和3年問5B)

特例一時金の支給を受けることができる期限内において、短期雇用特例被保険者が疾病又は負傷により職業に就くことができない期間がある場合には、当該特例一時金の支給を受けることができる特例受給資格に係る離職の日の翌日から起算して3か月を上限として受給期限が延長される。

 

解説

解答:誤り

特例一時金の支給を受けることができるのは、

特例受給資格にかかる離職の日の翌日から起算して6か月を経過する日までですが、

基本手当と違い、受給期限の延長はありません。

次に、特例一時金をを受けるために待期期間はあるのでしょうか。

下の過去問で確認しましょう。

 

特例一時金を受けるために待期期間はある?

(令和3年問5C)

特例一時金は、特例受給資格者が当該特例一時金に係る離職後最初に公共職業安定所に求職の申込みをした日以後において、失業している日(疾病又は負傷のため職業に就くことができない日を含む。)が通算して7日に満たない間は、支給しない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

特例一時金についても待期が適用され、

ルールは基本手当の「待期」と同じです。

なので、離職後に最初に公共職業安定所に求職の申込みをした日以後において、

失業している日(疾病又は負傷のため職業に就くことができない日を含む)が通算して7日に満たない間は支給されません。

 

今回のポイント

  • 特例受給資格にかかる離職の日の翌日から起算して6か月を経過する日までですが、受給期限の延長はありません。
  • 特例一時金についても待期の規定が適用されます。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識」労働組合…

  2. 「社労士試験 労基法 割増賃金」労基-149

  3. 「雇用保険法 これを読めばわかる!基本手当の日額への対応」過去問・雇-…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 基本手当の受給資格…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 差し押さえ・公課」…

  6. 「社労士試験 安衛法 定期自主検査の勉強方法とは」過去問・安衛-41

  7. 「社労士試験 安衛法 派遣労働者と安全衛生」安衛-128

  8. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 有期事業を一括する目的とは?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。