過去問

【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 保険料の繰上げ徴収・滞納に対する措置」健保-125

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は、健康保険法の「保険料の繰上げ徴収保険料の滞納に対する措置」について見てみようと思います。

今回は、繰上げ徴収の対象となるものや督促について確認していきましょう。

 

法人の解散と保険料の繰上げ徴収

(平成26年問6A)

法人である保険料納付義務者が解散をした場合には、保険者は納期前であってもすべての保険料を徴収することができる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

法人である保険料納付義務者が解散をした場合は、

保険料の繰上げ徴収の対象となり、

保険料の納期前であってもすべての保険料を徴収することができます。

法人がなくなってしまった後では保険料を徴収できない可能性がありますもんね。

さて、では解散ではなく、事業主が変更になったときはどうなのでしょうか。

繰上げ徴収の対象となるのでしょうか。

 

事業主が変更になった場合の保険料の繰上徴収

(平成30年問6B)

工場の事業譲渡によって、被保険者を使用している事業主が変更した場合、保険料の繰上徴収が認められる事由に該当することはない。

 

解説

解答:誤り

被保険者を使用している事業主が変更した場合も、

保険料の繰上げ徴収の対象となります。

つまり、変更前の事業主に対して保険料の徴収を行うということですね。

では最後に、保険料を滞納した者に対して督促をする際の督促状について見ておきましょう。

 

督促状で指定する期限

(平成30年問5ウ)

保険料その他健康保険法の規定による徴収金を滞納する者があるときは、原則として、保険者は期限を指定してこれを督促しなければならない。督促をしようとするときは、保険者は納付義務者に対して督促状を発する。督促状により指定する期限は、督促状を発する日から起算して14日以上を経過した日でなければならない。

 

解説

解答:誤り

督促状により指定する期限は、督促状を発する日から起算して14日以上ではなく「10日以上」を経過した日である必要があります。

 

今回のポイント

  • 法人である保険料納付義務者が解散をした場合は、保険料の繰上げ徴収の対象となり、保険料の納期前であってもすべての保険料を徴収することができます。
  • 被保険者を使用している事業主が変更した場合も、保険料の繰上げ徴収の対象となります。
  • 督促状により指定する期限は、督促状を発する日から起算して「10日以上」を経過した日である必要があります。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 安衛法 定義」安衛-90

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約…

  3. 「社労士試験 雇用保険法 被保険者の要件を効率よく押さえるには」過去問…

  4. 社労士勉強法 過去問攻略!「労災保険法 派遣で仕事しててケガしたら?」…

  5. 「社労士試験 健康保険法 高額療養費」健保-181

  6. 「社労士試験 労災保険法 通勤災害」労災-155

  7. 「健康保険法 健康保険組合の設立から消滅までのポイント」過去問・健保-…

  8. 「社労士試験 健康保険法 出産育児一時金・出産手当金をこの機会に攻略し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。