過去問

【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 社会保険に関する一般常識・国民健康保険法 社労士プチ勉強法」社一-83

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は、社会保険に関する一般常識から国民健康保険法について見てみようと思います。

今回は、国民健康保険組合の設立にスポットを当ててみましたので見ていきましょう。

 

国民健康保険組合を設立するときは誰の認可が要る?

(平成28年問6ア)

国民健康保険法では、国民健康保険組合を設立しようとするときは、主たる事務所の所在地の都道府県知事の認可を受けなければならないことを規定している。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

国民健康保険組合を設立する場合、主たる事務所の所在地の都道府県知事の認可を受ける必要があります。

ただ、認可の申請に際して発起人が必要で、また組合員となるべき人の同意が要るのですが、

それぞれの人数について確認しておきましょう。

 

国民健康保険組合を設立するための発起人などの人数

(令和4年問8A)

国民健康保険組合を設立しようとするときは、主たる事務所の所在地の都道府県知事の認可を受けなければならない。当該認可の申請は、10人以上の発起人が規約を作成し、組合員となるべき者100人以上の同意を得て行うものとされている。

 

解説

解答:誤り

国民健康保険組合の認可申請をするときは、15人以上発起人が規約を作成し、組合員となるべき者300人以上の同意を得て行うこととされています。

 

今回のポイント

  • 国民健康保険組合を設立する場合、主たる事務所の所在地の都道府県知事の認可を受ける必要があります。
  • 国民健康保険組合の認可申請をするときは、15人以上発起人が規約を作成し、組合員となるべき者300人以上の同意を得て行うこととされています。

 

社労士プチ勉強法

「家で集中モードに入る手っ取り早い方法とは」

家で勉強しようと思ってもなかなか集中できない、ということはありませんか?

そんな時は、服装に気をつけてみるといいです。

つまり、リラックスできる部屋着で勉強するよりも、外出用の服装に切り替えることで、

気持ちに緊張感が出て意外と集中できたりしますので、よろしければお試しあれ♫

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「国民年金法 頑張らなくても理解できる老齢基礎年金の支給繰上げと繰下げ…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 健康保険組合」過去…

  3. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 不服申立ての方法は?」 徴-1…

  4. 「社労士試験 厚生年金法 届出」厚年-143

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 基本手当の受給期間…

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 保険料の滞納に対す…

  7. 「雇用保険法 ちょっと苦手な高年齢雇用継続給付の勉強方法とは」過去問・…

  8. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 通則で問われることとは?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。