過去問

【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 国庫負担」国年-118

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は、国民年金法における「国庫負担」について見てみたいと思います。

事務の執行や給付にどれだけの国庫負担がなされているのか確認しましょう。

 

事務の執行に対する国庫負担の割合

(平成26年問4オ)

国民年金事業の事務の執行に要する費用については、毎年度、予算の範囲内で国庫が負担する。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

国民年金事業の事務の執行に要する費用は、毎年度、「予算の範囲内」で国庫負担が行われます。

別の言い方をすると、事務の執行全部の費用を国庫で負担をするとはなっておらず、

あくまで「予算の範囲内」で国庫が負担するよ、ということですね。

では、20歳前傷病の障害基礎年金に対する国庫負担について見ておきましょう。

20歳前傷病の障害基礎年金の場合、保険料を納付していない状態での給付になるのですが、

国庫負担はどのように行われるのでしょうか。

 

20歳前傷病の障害基礎年金に国庫負担がある?

(平成26年問4イ)

国民年金法第30条の4に規定する20歳前傷病による障害基礎年金の給付に要する費用については、その7割を国庫が負担することとなる。

 

解説

解答:誤り

20歳前傷病の障害基礎年金に対する国庫負担は、7割ではなく「6割」が国庫で負担する事になっています。

最後に、付加年金に対する国庫負担について確認しておきましょう。

 

付加年金にも国庫負担が?

(平成26年問4エ)

付加年金の給付に要する費用については、その3分の1を国庫が負担する。

 

解説

解答:誤り

付加年金の給付に要する費用については、国庫は3分の1ではなく「4分の1」に相当する額を負担します。

 

今回のポイント

  • 国民年金事業の事務の執行に要する費用は、毎年度、「予算の範囲内」で国庫負担が行われます。
  • 20歳前傷病の障害基礎年金に対する国庫負担は、7割ではなく「6割」が国庫で負担する事になっています。
  • 付加年金の給付に要する費用については、国庫は3分の1ではなく「4分の1」に相当する額を負担します。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 徴収法 概算保険料の申告・納付」徴収-136

  2. 「社労士試験 厚生年金法 合意分割」厚年-135

  3. 「社労士試験 労働に関する一般常識 男女雇用機会均等法」労一-115

  4. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「労災保険法 通勤災害の事例問題をクリア…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 給付制限」過去問・…

  6. 「社労士試験 安衛法 定期自主検査の勉強方法とは」過去問・安衛-41

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 20歳前傷病の障害…

  8. 「社労士試験 厚生年金保険法 脱退一時金」厚年-176

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。