社労士合格勉強法「だるいテキスト読み、、その解決法とは?」

テキストを読んでいると、途中で集中力が切れ、気がついたら夢の中、、、という経験はありませんか?

また、テキストを読んでいても全然頭に入った気がしない、ということもありますよね。

今回お伝えする内容は、効果的なテキスト読みの方法についてお伝えします。

テキストを読むコツが分かれば、勉強も効率的に進められ、その分合格に近づくのです。

それでは早速お話しましょう。

テキストを読むのは、問題文の論点確認と通読

テキストを読む第一段階は、問題演習をした時に、正誤の判断材料となる論点の確認です。

テキストの該当箇所を見つけたら、鉛筆でチェックをつけます。

第二段階は、その科目の問題演習を終えた時に通読をします。

「え?問題演習の前にテキストは読まないのですか?」

という質問がありますが、どちらでもいいです。

言い換えると、問題演習の前のテキスト読みは、それほど重要度は高くありません。

講義の時などにお供としてそばに置いておくイメージで大丈夫です。

大切なことは、一度で分かろうとしないこと。

特に、通読をする時は、一字一句を読み込もうとすると、どうしても疲れてしまいます。

一回一回の通読は流し読み程度で大丈夫です。

その分、通読する回数を増やす方に意識を持ちましょう。

通読を繰り返している内に、自然に早くなりますし、テキスト全体に意識が向くようになり、選択式にも対応できるようになります。

私が合格した年は、1科目の通読時間は、勉強の初期で2時間くらいかかりましたが、本試験直前には1日で全科目のテキストを通読できるようになりました。

ただ、注意しなければならないのは、ただ流し読みをすればいいのではない、ということです。

『サーチモード』で読む

テキスト読みで一番陥りがちなのは、ただ文章を目で追うだけで、中身が脳と全然リンクしていない状態になることです。

でも、それはある意味仕方がありません。

小説のようにストーリーがあるわけでもなく、書いてある文章は、慣れない法律用語ばかり。

それでは眠くなるのは当たり前です。

私の家内が夜眠れない時、テキストを渡して読むよう勧めたくらいですから笑。

その眠くなるテキストをどうすれば、脳がやる気を起こす形で読めるようになるのか。

それはテキストを読む時は、「サーチモード」で読むのです。

どういうことかというと、テキストを読むのは、

  • 問題を解いた時
  • その科目の問題演習を終えた時

でしたね。

テキストを読む時は、問題に出てきた論点が、テキストのどこに書いてあるのかを「探しながら」読むのです。

言い換えれば、テキストの中を探検しているようなものです。

問題演習からテキストに戻った時に鉛筆でチェックしていると、通読時の灯台のような役割も果たしてくれるので、メリハリもつきやすいと思います。

つまり、目的意識を持ちながらテキストを読むことが大切なわけです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

社労士試験に合格するためには、問題演習だけでは不十分です。

かと言って、テキストを読むのは相当エネルギーを消費します。

いかにテキスト読みを攻略するかが、合格への切符を手に入れると言っても過言ではありません。

今日お話したことが参考になれば嬉しく思います。

皆さんのことを心から応援しています!

関連記事

  1. 社労士試験合格勉強法 労働基準法の勉強の進め方とは?

  2. 社労士試験勉強法 安衛法の勉強を心折れずに進める方法とは?

  3. 社労士試験合格勉強法 過去問を効率的に攻略する方法とは?

  4. 社労士試験勉強法 健康保険法でモチベーションを下げないようにする方法と…

  5. 来年の社労士試験にチャレンジするあなたに向けた「合格発表までの過ごし方…

  6. 社労士試験勉強法 労災保険法を得意科目にする方法とは?

  7. 社労士合格勉強法「合格するために必要な勉強時間とは?」

  8. 社労士試験直前期! 1ヶ月前からの勉強法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。