【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 安衛法 定期自主検査」過去問・安衛-77

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は、安衛法から「定期自主検査」について見てみようと思います。

最初の過去問は、定期自主検査の中の特定自主検査がテーマになっていますので、検査をするのは誰なのかを確認しましょう。

 

特定自主検査の場合、誰が検査をするのか

(平成30年問9C)

作業床の高さが2メートル以上の高所作業車は、労働安全衛生法第45条第2項に定める特定自主検査の対象になるので、事業者は、その使用する労働者には当該検査を実施させることが認められておらず、検査業者に実施させなければならない。

 

解説

解答:誤り

特定自主検査というのは、定期自主検査の対象機械などのうち、

特に検査が技術的に難しく、事故が発生すると重大な災害となる機械などに関する検査のことをいいますが、

特定自主検査を行うときは、

  • その使用する労働者で厚生労働省令で定める資格を有するもの または
  • 所定の検査業者

に実施させることになっているので、検査業者でないとだめなわけではありません。

では、検査した結果の保存期間が何年なのかについて、下の過去問で確認しましょう。

 

定期自主検査の結果の保存期間

(平成30年問9E)

事業者は、定期自主検査を行ったときは、その結果を記録し、これを5年間保存しなければならない。

 

解説

解答:誤り

定期自主検査の結果の保存期間は、5年間ではなく、「3年間」となっています。

5年の保存期間は健康診断関連ですので、混同しないようにしておきたいですね。

 

今回のポイント

  • 特定自主検査を行うときは、

    • その使用する労働者で厚生労働省令で定める資格を有するもの または
    • 所定の検査業者

    に実施させることになっています。

  • 定期自主検査の結果の保存期間は、「3年間」となっています。

 

社労士プチ勉強法

「問題を解いていて間違ったら原因を確認していますか?」

勉強の初期と違って、ある程度学習が進んだ段階での問題演習は、自分の実力を推し量るバロメーターになります。

問題を解いていて間違えたときは、「なぜこの問題を間違えたのだろう」と少しでいいので確認してみましょう。

単に知識を知らなかったからなのか、それとも他の論点と混同したからなのか、などと分析をすることによって復習の仕方も変わってきますので、1問の問題を少しでも効果的に活用できるといいですね♫

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

 

 

関連記事

  1. 「健康保険法 自然と身につく保険料の負担のポイント」過去問・健保-37…

  2. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 通則で問われることとは?」…

  3. 「社労士試験 健康保険法 埋葬料・埋葬費・家族埋葬料の違いを再確認!」…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 雇用保険の失業等給…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労災保険法 休業(補償)等給付…

  6. 「社労士試験 労働に関する一般常識 青少年雇用促進法・高年齢者雇用安定…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 被保険者に関する届…

  8. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「厚生年金保険法 70歳過ぎたけど年金も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。