過去問

【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約法」過去問・労一-57

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は、労働に関する一般常識から労働契約法について見てみたいと思います。

今回は、労働契約法の中から「労働契約」にスポットを当ててみました。

労働契約が成立するために必要な条件とは何なのか、過去問を通して確認しましょう。

また、今日は、社労士プチ勉強法もご紹介していますので、最後までお読みいただけましたら嬉しいです。

 

労働契約が成立するための条件

(平成28年問1イ)

労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、労働者及び使用者が必ず書面を交付して合意しなければ、有効に成立しない。

 

解説

解答:誤り

労働契約は、労働者と使用者が合意すれば成立するので、必ずしも書面の交付が必須なわけではありません。

ちなみに、労働契約を変更するときも労使の合意すれば有効となります。

こちらの考え方については、通達がありますのでリンクを貼っておきますね。(「2 労働契約の成立(法6条・7条関係)」のところに記載があります。

 

参考記事:基発0810第2号 平成24年8月10日

 

さて、労働契約は、合意さえあればOKということなので、口頭でも成立してしまうのですが、

賃金や労働時間などの労働条件といった労働契約の内容については、できる限り書面にて確認するものとされています。(法第4条2項)

では、労働契約の確認の範囲についてどのようになっているのか、次の過去問を読んでみましょう。

 

労働契約の確認範囲

(平成27年問1C)

労働契約法第4条は、労働契約の内容はできるだけ書面で確認するものとされているが、勤務地、職務、勤務時間の限定についても、この確認事項に含まれる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

労働契約の書面による確認事項は、勤務地や職務、勤務時間の限定も含まれます。

これは、使用者だけではなく、労働者も最初に確認をしておくことが、将来、もし労働条件を変更することになってもトラブルを避けることができますので大切なことですね。

こちらの論点も通達から出題されていますので、ご紹介だけさせていただきますね。

 

参考記事:多様な正社員に係る「雇用管理上の留意事項」等について 平成26年7月30日 基発0730第1号

 

今回のポイント

  • 労働契約は、労働者と使用者が合意すれば成立するので、必ずしも書面の交付が必須なわけではありません。
  • 労働契約の書面による確認事項は、勤務地や職務、勤務時間の限定も含まれます。

 

社労士プチ勉強法

「あと10分の勉強時間を確保するためには」

忙しい毎日、時間をやりくりして社労士試験の勉強に取り組んでいると、あともう少し勉強時間を確保できれば、という気持ちが出てくるかもしれません。

そのような場合は、「やらないことを決める」と良いです。

たとえば、通勤の電車の2、3分の待ち時間で、これまでスマホでSNSのチェックをすることが習慣化していたとしたら、

その時間を過去問3問解く時間に充てるのです。

こういった数分の時間を積み重ねると10分どころか30分以上の時間を確保できることがあるので試してみてくださいね♫

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労災保険法 社会復帰促進等事業…

  2. 「社労士試験 厚生年金法 老齢厚生年金の加給年金額」過去問・厚-56

  3. 「社労士試験 厚生年金保険法 被保険者」厚年-146

  4. 「社労士試験 健康保険法 保険料を滞納した時の真実」過去問・健保-61…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約…

  6. 「社労士試験 健康保険法 埋葬料・埋葬費・家族埋葬料の違いを再確認!」…

  7. 「厚生年金法 過去問を読んで理解する給付制限の考え方」厚-43

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 滞納に対する処置」徴収…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。