【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 遺族基礎年金の額」過去問・国-92

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、国民年金法の「遺族基礎年金の額」について見ていきたいと思います。

遺族基礎年金の額は、「子」に対して加算が行われるのですが、

受給権者に配偶者がいる場合と、子しかいない場合で違いが出てきますのでどのような制度になっているのか確認しましょう。

 

受給権者に配偶者がいる場合の遺族基礎年金と加算額

(令和2年問2E)

被保険者である夫が死亡し、その妻に遺族基礎年金が支給される場合、遺族基礎年金には、子の加算額が加算される。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

遺族基礎年金が配偶者に支給されるためには、生計を同じくするがいることが条件になっているので、

必然的に配偶者に支給される本体の遺族基礎年金に子に対する加算額が加算されます。

子の加算額については、2人目までは「224,700円×改定率」となりますが、3人目以降は、「74,900円×改定率」となります。

で、「子」については、配偶者が遺族基礎年金の受給権を取得した時点で胎児だった子も遺族基礎年金の加算の対象となりますが、

加算されるタイミングについて確認しておきましょう。

 

胎児だった子が生まれた時の遺族基礎年金

(令和3年問6B)

配偶者が遺族基礎年金の受給権を取得した当時胎児であった子が生まれたときは、

その子は、配偶者がその権利を取得した当時遺族基礎年金の遺族の範囲に該当し、かつ、死亡した被保険者又は被保険者であった者と生計を同じくした子とみなされるため、

遺族基礎年金の額は被保険者又は被保険者であった者の死亡した日の属する月の翌月にさかのぼって改定される。

 

解説

解答:誤り

配偶者が遺族基礎年金の受給権を取得したときに胎児だった子が生まれたときは、被保険者などが死亡した日の翌月からではなく、子が生まれた日の翌月から遺族基礎年金の額が改定されます。

つまり、生まれた日からさかのぼって支給されるわけではないということですね。

それでは最後に、遺族基礎年金の受給権者が子しかいない場合の遺族基礎年金の計算方法について見ておきましょう。

 

受給権者が子しかいない時の遺族基礎年金の額の計算方法

(平成28年問3E)

受給権者が子3人であるときの子に支給する遺族基礎年金の額は、780,900円に改定率を乗じて得た額に、224,700円に改定率を乗じて得た額の2倍の額を加算し、その合計額を3で除した額を3人の子それぞれに支給する。

 

解説

解答:誤り

遺族基礎年金の受給権者が子しかいない場合の遺族基礎年金は、

  • 1人目 → 780,900×改定率(遺族基礎年金の本体)
  • 2人目 → 224,700円 × 改定率
  • 3人目以降 →74,900円 × 改定率

となっていて、1人あたりの額は、上記の額を合計して子の数で割った金額となります。

 

今回のポイント

  • 遺族基礎年金が配偶者に支給されるためには、生計を同じくするがいることが条件になっているので、必然的に本体の遺族基礎年金に子に対する加算額が加算されます。
  • 配偶者が遺族基礎年金の受給権を取得したときに胎児だった子が生まれたときは、子が生まれた日の翌月から遺族基礎年金の額が改定されます。
  • 遺族基礎年金の受給権者が子しかいない場合の遺族基礎年金は、
    • 1人目 → 780,900×改定率(遺族基礎年金の本体)
    • 2人目 → 224,700円 × 改定率
    • 3人目以降 →74,900円 × 改定率

    となっていて、1人あたりの額は、上記の額を合計して子の数で割った金額となります。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 教育訓練給付の支給要件とは…

  2. 「厚生年金法 サッと読むだけで理解できる障害厚生年金の支給要件」過去問…

  3. 「労災保険法 これで分かるややこしい事業主からの費用徴収についての要件…

  4. 「社労士試験 安衛法 監督組織にまつわるエトセトラ」過去問・安衛-36…

  5. 「労災保険法 基礎から学べる障害(補償)給付の要件」過去問・労災-30…

  6. 「健康保険法 取っつきにくい訪問看護療養費の勉強方法とは」過去問・健保…

  7. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「安衛法 安全管理者になるのにどんな資格…

  8. 「社労士試験 労災保険法 ややこしい通勤災害の克服方法」過去問・労災-…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。