仕事ができない自分はもうイヤ!デキる自分に生まれ変わるには?

毎日頑張っているけれど、なかなか仕事が覚えらない。

周りから「仕事ができない奴」と思われるのも耐えられない。

自分って能力が低いの?仕事が合っていないの?

いっそ転職してしまおうか、、、

そう考えるのも無理はありません。

私も実は、仕事ができない自分にほとほと嫌気がさしていたのです。

でも、ちょっとしたコツをつかむことで、プレッシャーを克服し、自分に自信を持つことができるようになりました。

それでは、どうすれば良いのか見ていきましょう。

自分の習慣を変える

  • メモを取り、「何度も見て思い出す」
  • 深呼吸をする
  • 睡眠時間を確保

メモを取り、「何度も見返す」

メモを取る習慣がない場合は、すぐにメモ帳とボールペンを用意しましょう。

あと、すぐに取り出せる環境を整えることも大切です。

私の場合、メモを取る気持ちはあったのですが、メモをカバンにしまっていたので、メモを取る場面ですぐに取り出すことができず、メモを取る習慣を身につけることがなかなかできませんでした。

しかし、小さなウエストポーチなどを用意して、服装に関わらず、いつでもどこでもメモを取り出せるようにした結果、メモを取る習慣が身につきました。

次に大事なのは、なんといっても、「メモを何度も見返す」ことです。

なかには、書いただけで覚えられる方もいらっしゃると思いますが、書いたメモを何度も見返すことで記憶が定着します。

もし、書いたメモの字が読みにくい場合は、整理する意味でも書き直すと良いと思います。

メモを見返す時は、書いた時の情景、場面なども一緒に思い出すと、臨場感がでて、書いたメモの内容も覚えやすくなります。

ぜひお試しください。

深呼吸をする

意外と忘れがちなのが「呼吸」なのです。

いうまでもなく、私たちは呼吸をする事で、酸素を体内に吸収します。

吸収された酸素は、脳にももちろん運ばれるわけですが、酸素の供給量が少ないと、脳の働きが悪くなるため、記憶力も低下します。

普段から深呼吸をする習慣を取り入れ、思い出したら深呼吸してみましょう。

方法としては、

まず鼻から全て吐き切り、次に鼻から吸って、ゆっくり鼻から出します。

これを3〜4回繰り返すと、かなりスッキリすると思います。

睡眠時間を確保

これも大事なことです。

その日の疲れをその日に取る方法は睡眠しかありません。

また、脳も1日中働いて相当疲れています。

脳の疲れを回復するには、睡眠が最も効果的です。

必要な睡眠時間はその人によって違うので、最適な睡眠時間を探して確保するようにしましょう。

また、昼寝も意外と効果があります。

昼休みに15分〜20分ほど昼寝をするだけでも、脳の疲れをかなり取ることができますので、試してみては?

大切なことは「習慣」にすること

「メモを見返す」、「深呼吸する」、「睡眠時間を確保する」、はすべて自分が習慣化できるかどうかにかかっています。

まずはメモを取り、見返すことを始めてみましょう。

それだけでも「仕事がデキる自分」生まれ変わることができます。

最初の一歩、踏み出しましょう!

関連記事

  1. 職場でコミュニケーションが取れず辛い!でも転職は待って!

  2. 毎日仕事でクタクタ、疲れた自分を回復する3つの方法とは?

  3. 仕事が断れず困っているあなた!上手に断って仕事を楽しく!

  4. 育児休業に関する助成金についての記事を掲載いただきました!

  5. 「仕事」と「労働」の違いは?人生をリア充にするには?

  6. 仕事のストレスで夜、寝れない。どうすればいい?

  7. 残業せずに仕事を終わらせるには

    残業をせずに仕事を終わらせるためには?

  8.  転職についての記事を掲載いただきました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。