今の仕事、向いていない?すぐに転職すべきなのか?

どうも今の仕事に身が入らない。

細かいミスが続き、上司からお小言を食らう日々、、、

ひょっとして今の仕事、向いてないのかな?

これは、実は私のことです。

仕事になじめず、色々と悩む日々が続きました。

結局、その会社を辞めて転職しました。

結果的には大正解でした。

ストレス度を下げることができ、今は気持ち良く仕事をしています。

今回は、「今の仕事が向いていないと思ったら転職すべきなのか」を考えてみたいと思います。

転職する基準を明確にすることで、後悔しないキャリアづくりをしましょう!

今の仕事は向いていないのか?3つの判断基準

  • 今の仕事は楽しい?
  • 今の職場の3年後をイメージできる?
  • 職場にあこがれの上司や先輩がいるか?

今の仕事は楽しい?

仕事が楽しいと、仕事そのものに興味を持つことができ、仕事を突き詰めるモチベーションがアップします。

上司に言われなくても自分で色々と工夫して仕事を行うので、スキルも必然的に上がります。

私の場合、辞めた職場の仕事に楽しさをほとんど感じることができませんでした。

もし、仕事が楽しく思えない時、仕事を工夫できる余地があるか、冷静に見てみましょう。

仕事を工夫でき、自分の意志がある程度反映されるなら、仕事が楽しくなる可能性は残っています。

今の職場の3年後をイメージできる?

「石の上にも3年」という言葉がありますが、いまから3年後の、未来の自分の立ち位置をイメージできるかどうか、が判断基準になります。

3年後の、職場とそこにいる自分をイメージできれば、そこへ至るまでの道のりもイメージしやすいはず。

しかし、イメージできないような場合は、自分のやりたいこととズレが生じている可能性があります。

私の場合、3年後どころか半年後もイメージできませんでしたので、転職を決意するのにそう時間はかかりませんでした。

職場にあこがれの上司や先輩がいるか?

職場にあこがれの上司や先輩がいれば、その人の考え方や行動を真似れば、自分の理想に近づきやすくなります。

近くに見本がいると、近くに見本がいるため、モチベーションも保ちやすく、困ったことがあれば相談に乗ってもらいましょう。

もし、近くに見本になる人がいなければ、有名なビジネスマンのSNSをフォローして、その人の書いた文章などを毎日目にすることもいいと思います。

私の場合は、近くに尊敬できる人がいなかったので、ホリエモンさんなどの書籍やYouTubeなどを見させていただき、自分のモチベーションを上げていました。

結果的には転職する方へのモチベーションアップでしたが笑

今の仕事で積極性を出せるかどうかがカギ

上記の要点は、自分が今の職場で積極性を出して仕事ができるかどうか、です。

自分のやりたいことや、理想を見出すことができず、仕事を工夫して達成感も得られない、ということであれば転職を考えた方がいいかもしれません。

仕事をしていて「やらされ感」満載であればなおさらです。

一度、自分の視野を広げてみよう

転職をする際にやっておきたいことは、「自分の視野を広げること」です。

もし、次の転職先を見つけるのに切羽詰まっていない場合は、アルバイトや、派遣社員として、さまざまな業種をのぞいて見ることをお勧めします。

たとえば、今まで製造業しか経験したことがなければ、運送業や介護、小売業など、まったくの畑違いの仕事をしてみて、自分の向き不向きを洗い出してみてもいいかもしれません。

私は、派遣で数ヶ月、色々な業種を経験しました。

流通、介護、小売など、業界の雰囲気、その会社の社風に触れたことで、私は、コツコツする仕事が好きかも、と思い始めています。

色々な世界をのぞかせていただいて初めてそう思ったのです。

これからも経験を重ねて行きたいと思います。

もし、副業が可能なら、いまの仕事を辞めずに試してみるのもいいですね。

自分の視野を広げて、上手に転職活動をしていただき、充実したキャリアを作っていただきたいと思います。

関連記事

  1. 仕事ができない自分はもうイヤ!デキる自分に生まれ変わるには?

  2. 仕事で評価されず辛い!転職を考えるべき?

  3. 仕事でポジティブになれない。でも転職は最後の手段!

  4. 仕事がはかどらない時、その対策はどうすればいい?

  5. 職場でコミュニケーションが取れず辛い!でも転職は待って!

  6. 転職する時に押さえておきたい、「仕事で大事なことは?」

  7. 育児休業に関する助成金についての記事を掲載いただきました!

  8. どうも仕事に身が入らない。頑張れる自分を取り戻すには?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。