過去問

「社労士試験 安衛法 事業者の講ずべき措置」安衛-151

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は安衛法の「事業者の講ずべき措置」について見てみたいと思います。

事業主にはどのような措置が課せられているのか過去問を読んでみましょう。

 

重量物の積み下ろしに関する措置

(平成27年問8E)

事業者は、一の荷でその重量が100キログラム以上のものを貨物自動車に積む作業又は貨物自動車から卸す作業を行うときは、当該作業を指揮する者を定め、その者に、作業手順及び作業手順ごとの作業の方法を決定し作業を直接指揮することなど所定の事項を行わせなければならない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

事業者は、

一つの荷でその重量が100キログラム以上のものを貨物自動車に積む作業や卸す作業を行うときは、

その作業を指揮する者を定めて

その者に作業方法の決定や作業を直接指揮するなど所定の事項を行わせなければなりません。

回転中の研削といしから労働災害を防ぐための措置について見てみましょう。

 

回転する研削といしから労働者を守るための措置

(平成28年問8A)

事業者は、回転中の研削といしが労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、覆いを設けなければならない。ただし、直径が50ミリメートル未満の研削といしについては、この限りでない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

事業者は、

回転中の研削といし労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、

覆いを設ける必要があります。

ただし、直径が50ミリメートル未満の研削といしについては、この限りではありません

 

今回のポイント

  • 事業者は、一つの荷でその重量が100キログラム以上のものを貨物自動車に積む作業や卸す作業を行うときは、その作業を指揮する者を定めて、その者に所定の事項を行わせる必要があります。
  • 事業者は、回転中の研削といし労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、覆いを設ける必要がありますが、直径が50ミリメートル未満の研削といしについては、この限りではありません

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 育児休業給付」過去…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 賃金の定義」雇-1…

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 資格の取得・喪失の…

  4. 「労基法 今さら聞けない賃金の基本」過去問・労基-43

  5. 「労災保険法 基礎から学べる障害(補償)給付の要件」過去問・労災-30…

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 合意分割」厚年-1…

  7. 「社労士試験 雇用保険法 これを読めばわかる!育児休業給付の取扱説明書…

  8. 「社労士試験 徴収法 不服申立て」徴収-161

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。