過去問

「社労士試験 安衛法 総括安全衛生管理者」安衛-129

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は安衛法の「総括安全衛生管理者」の選任基準や資格について見てみたいと思いますので

過去問を読んでいきましょう。

 

総括安全衛生管理者を選任するための労働者数の算定方法

(令和3年問9ア)

総括安全衛生管理者は、労働安全衛生法施行令で定める業種の事業場の企業全体における労働者数を基準として、企業全体の安全衛生管理を統括管理するために、その選任が義務づけられている。

 

解説

解答:誤り

総括安全衛生管理者の選任基準となる労働者数は、

企業全体における労働者数ではなく、

事業場ごとに」労働者数を算定してその事業規模を判断します。

では、総括安全衛生管理者となるための資格について確認しましょう。

 

総括安全衛生管理者になるための資格とは

(令和2年問9C)

総括安全衛生管理者は、当該事業場においてその事業の実施を統括管理する者をもって充てなければならないが、必ずしも安全管理者の資格及び衛生管理者の資格を共に有する者のうちから選任しなければならないものではない。

 

解説

解答:誤り

総括安全衛生管理者になるために必要な資格は特に必要なく、

事業場においてその事業の実施を統括管理する者を充てることになっています。

事業場が工場であれば、工場長が就くことが考えられます。

 

今回のポイント

  • 総括安全衛生管理者の選任基準となる労働者数は、「事業場ごとに」労働者数を算定してその事業規模を判断します。
  • 総括安全衛生管理者になるために必要な資格は特に必要なく、事業場においてその事業の実施を統括管理する者を充てることになっています。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識 船員保険法 保険給付」社一-1…

  2. 「社労士試験 社会保険に関する一般常識 いま見ておきたい!介護保険法の…

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 社会保険に関する一般常識 国民…

  4. 「社労士試験 労災保険法 障害(補償)給付のツボはこれ!」過去問・労災…

  5. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「国民年金法 被保険者の届出はどうすれば…

  6. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 請負事業の一括や分離の要件は?…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 被保険者期間の計算…

  8. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「国民年金法 19歳ですけど第2号被保険…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。