過去問

「社労士試験 安衛法・監督組織 社労士プチ勉強法」安衛-123

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は安衛法より「監督組織」について見てみようと思います。

監督組織が事業者とどのように関わるのか過去問を通して確認しましょう。

 

私傷病報告は労働者にも周知を?

(令和3年問10E)

事業者は、労働者が労働災害により死亡し、又は4日以上休業したときは、その発生状況及び原因その他の厚生労働省令で定める事項を各作業場の見やすい場所に掲示し、又は備え付けることその他の厚生労働省令で定める方法により、労働者に周知させる義務がある。

 

解説

解答:誤り

事業者は、労働者が労働災害その他就業中または事業場内もしくはその附属建設物内における負傷、窒息または急性中毒により死亡し、

または休業したときは、遅滞なく報告書所轄労働基準監督署長に提出しなければなりません。

ですが、労働災害について労働者に周知をさせる規定はありません。

さて、つぎは都道府県労働局長による事業場への立ち入りの権限について見てみましょう。

 

衛生に関する事務で事業場に立ち入るのは〇〇

(平成25年問9B)

都道府県労働局長は、労働衛生指導医を労働安全衛生法第65条第5項の規定による作業環境測定の実施等の指示又は同法第66条第4項の規定による臨時の健康診断の実施等の指示に関する事務その他労働者の衛生に関する事務に参画させるため必要があると認めるときは、労働衛生指導医をして事業場に立ち入り、関係者に質問させることができる。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

都道府県労働局長は、

労働衛生指導医を労働者の衛生に関する事務に参画させるために必要があると認めるときは、

事業場に立ち入り、関係者に質問などをさせることができます。

 

今回のポイント

  • 事業者は、労働者が労働災害その他就業中または事業場内もしくはその附属建設物内における負傷、窒息または急性中毒により死亡し、または休業したときは、遅滞なく報告書所轄労働基準監督署長に提出しなければなりませんが、労働者への周知義務はありません。
  • 都道府県労働局長は、労働衛生指導医を労働者の衛生に関する事務に参画させるために必要があると認めるときは、事業場に立ち入り、関係者に質問などをさせることができます。

 

社労士プチ勉強法

「まとまった時間がある時ほど気をつけたいこととは」

最後の追い込みの時期に入り、

まとまった時間を確保して勉強をされることもあるかと思います。

せっかくですから生産性を上げて学習したいところですよね。

長時間勉強をするときに生産性を持続させるためのポイントは、

「こまめに休憩を取る」

ことです。

気持ちが乗って勉強を中断したくないときもあるでしょうが、

長い目で見て生産性を下げないようにするためには、

意識的に休憩を取って「ボーッとする」時間を確保すると良いでしょう。

脳をきちんと休ませてあげることが、長時間の勉強をモノにするコツです。

ご参考になれば幸いです。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 国民年金法 遺族基礎年金の支給停止や失権の攻略法」過去問…

  2. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 国庫負担、高年齢〜は仲間外…

  3. 「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約法における就業規則の取扱マ…

  4. 「社労士試験 徴収法 請負事業の一括」徴収-149

  5. 「労基法 賃金支払の5原則とそこから見える労基法の攻略法」過去問・労基…

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労災保険法 特別支給金」労災-…

  7. 「社労士試験 健康保険法 出産手当金」健保-135

  8. 「社労士試験 安衛法 過去問で読み解く事業場や事業者の考え方」安衛-3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。