過去問

「社労士試験 安衛法 安全衛生管理体制(衛生管理者・産業医)社労士プチ勉強法」安衛-112

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は、安衛法より衛生管理者産業医について扱った過去問を取り上げてみました。

また、最後に社労士プチ勉強法を書きましたのでご参考になれば幸いです。

 

衛生管理者の「専任」基準とは

(平成26年問9エ)

事業者は、常時1,000人を超える労働者を使用する事業場にあっては、衛生管理者のうち少なくとも1人を専任の衛生管理者としなければならない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

衛生管理者の「専任」要件は、

  • 常時1000人を超える労働者を使用する事業場
  • 常時500人を超える労働者を使用する事業場で、坑内労働または一定の有害業務常時30人以上の労働者を従事させるもの

となっています。

ちなみに、「専任」というのは、文字どおり「専ら任ぜられる」という意味であり、

業務時間を専らその業務に費やすということになります。

さて、次は産業医ですが、産業医を選んだときは労働者に周知をする必要があるのですが、

周知に際し、基準はあるのでしょうか。

下の過去問を読んでみましょう。

 

産業医を選任した時の周知基準は?

(令和3年問10B)

産業医を選任した事業者は、その事業場における産業医に対する健康相談の申出の方法などを、常時各作業場の見やすい場所に掲示し、又は備え付けることその他の厚生労働省令で定める方法により、労働者に周知させなければならないが、この義務は常時100人以上の労働者を使用する事業場に課せられている。

 

解説

解答:誤り

産業医選任にかかる周知については、使用する労働者の人数は関係ありません。

 

今回のポイント

  • 衛生管理者の「専任」要件は、
    • 常時1000人を超える労働者を使用する事業場
    • 常時500人を超える労働者を使用する事業場で、坑内労働または一定の有害業務常時30人以上の労働者を従事させるもの

    となっています。

  • 産業医選任にかかる周知については、使用する労働者の人数は関係ありません。

 

社労士プチ勉強法

「あなたの1日の中に「予備」の時間はありますか?」

1日のスケジュールは、いろいろな要因で変化するものです。

その中で勉強の時間を確保するのは大変なことです。

だからこそ、15分でもいいので予備の時間を確保しておくことをオススメします。

急の予定変更で本来の勉強時間が確保できなかったとしても、

予備の時間があると思うことだけでもストレスが軽減できます。

もし予定通りスケジュールをこなせたら、

予備の時間をご褒美の時間に使うこともできます。

一度試されてみては?

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 社一 社労士法 5分で読める登録に関する要件」過去問・社…

  2. 「社労士試験 雇用保険法 適用事業」雇-146

  3. 「社労士試験 国民年金法 保険料納付済期間の定義」国年-145

  4. 「社労士試験 安衛法 衛生管理者・産業医」安衛-149

  5. 「社労士試験 労働に関する一般常識・労働契約法・懲戒 社労士プチ勉強法…

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 追加徴収」徴-117

  7. 「社労士試験 厚生年金保険法 不服申立て」厚年-181

  8. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 給付制限(就業拒否時など)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。