過去問

【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識・労働組合法 社労士プチ勉強法」労一-86

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は労働に関する一般常識より「労働組合法」を見てみようと思います。

また、最後に社労士プチ勉強法についても書いていますので読んでいただけると嬉しいです。

 

パワハラは団体交渉のテーマになる?

(平成25年問2E)

労働組合の目的は、賃金等の労働条件を維持改善し労働者の経済的地位の向上を図ることにあるから、いわゆるセクシャル・ハラスメントやパワー・ハラスメントなどを予防するための職場環境の整備は、いわゆる義務的団体交渉事項に含まれない。

 

解説

解答:誤り

使用者が応じることが法的な義務とされている団体交渉の事項を義務的団交事項と呼びます。

義務的団交事項を議題とする団体交渉に応じない場合は、不当労働行為となります。

で、義務的団体交渉事項は何なのかというと、

労働組合の組合員の労働条件その他の待遇などで、使用者において処分可能(対処可能)なもののことを指します。

セクハラやパワハラを予防するための職場環境の整備は、

事業主側の雇用措置管理義務となるので、義務的団体交渉事項に含まれます

さて、次に企業の中に複数の労働組合があるときの、使用者側の対応について見てみましょう。

 

企業の中に複数の労働組合があるとき、使用者は、、、

(平成28年問2C)

同一企業内に複数の労働組合が併存する場合には、使用者は団体交渉の場面に限らず、すべての場面で各組合に対し中立的態度を保持しなければならないとするのが、最高裁判所の判例である。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

使用者は、各組合に対して、すべての場面で中立的態度を保持して

その団結権を平等に承認・尊重をすべきものなので、

各組合に対して差別的な取扱いをすることは許されないという最高裁判例があります。

 

今回のポイント

  • セクハラやパワハラを予防するための職場環境の整備は、事業主側の雇用措置管理義務となるので、義務的団体交渉事項に含まれます
  • 企業内に労働組合が複数あるときは、各組合に対して差別的な取扱いをすることは許されないという最高裁判例があります。

 

社労士プチ勉強法

「寝る前の習慣はSNSではなく暗記!?」

忙しい1日も終わりあとは寝るだけというとき、

あなたは何をしていますか?

寝る前の時間くらい自由に過ごしたいところですが、

寝る直前の5分を「暗記」に当ててみてはいかがでしょうか。

疲れた脳で問題を解くのはあまり効率が良くないですが、

暗記であれば、寝ている間に知識が整理されるのでオススメです。

で、起きてすぐに寝る前に覚えた項目の復習をセットにすると更に良いですね。

一度お試しになられてみては?

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 健康保険法 療養費」健保-178

  2. 「徴収法 概算保険料の納付や延納のあれこれはここから押さえる!」過去問…

  3. 「社労士試験 雇用保険法 特例一時期金」雇-143

  4. 「労基法 これでわかる!賃金支払についての考え方」過去問・労基-44

  5. 「安衛法 5分で理解できる面接指導の流れ」過去問・安衛-18

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 適用事業所」厚年-…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 安衛法 派遣労働者の取扱」過去…

  8. 「国民年金法 被保険者の届出に関するポイント」過去問・国-29

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。