過去問

「社労士試験 健康保険法 被扶養者」健保-152

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は健康保険法の「被扶養者」について見てみたいと思います。

被扶養者となるための要件について過去問を読んで確認しましょう。

 

配偶者の父が被扶養者としてなるためには

(令和2年問3オ)

被保険者(外国に赴任したことがない被保険者とする。)の被扶養者である配偶者に日本国外に居住し日本国籍を有しない父がいる場合、当該被保険者により生計を維持している事実があると認められるときは、当該父は被扶養者として認定される。

 

解説

解答:誤り

被扶養者の父の場合は、

「生計維持」+「同一世帯」

の要件を満たす必要があるので、

問題文のように同一世帯の要件を満たしていない場合は、被扶養者として認められません。

では被扶養者の要件の一つである収入要件について確認しましょう。

 

被扶養者への収入の確認

(令和3年問8オ)

被扶養者の収入の確認に当たり、被扶養者の年間収入は、被扶養者の過去の収入、現時点の収入又は将来の収入の見込みなどから、今後1年間の収入を見込むものとされている。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

被扶養者の収入の確認については、

被扶養者の過去の収入や現時点の収入、

または将来の収入の見込みなどから

今後1年の収入」を見込むものとされています。

なので、過去の収入、現時点での収入だけで判断されるわけではないということです。

 

今回のポイント

  • 被扶養者の父の場合は、「生計維持」+「同一世帯」の要件を満たす必要があります。
  • 被扶養者の収入の確認については、被扶養者の過去の収入や現時点の収入、または将来の収入の見込みなどから「今後1年の収入」を見込むものとされています。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「雇用保険法 再就職手当(就職促進給付)の理解に役立つ過去問5選」過去…

  2. 「社労士試験 雇用保険法 基本手当の受給資格」雇-150

  3. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「徴収法 労働保険料ってどんな種類がある…

  4. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 特例一時金」雇-1…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 元方事業者の講ずべき措置」過去…

  6. 「社労士試験 健康保険法 報酬の定義」健保-155

  7. 「社労士試験 徴収法 暫定任意適用事業」徴収-166

  8. 「国民年金法 追納についてのルールが5分でわかります!」過去問・国-3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。