過去問

「社労士試験 安衛法 定期自主検査」安衛-134

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は安衛法より「定期自主検査」について見てみたいと思います。

定期自主検査は、ボイラーなどの機械等で、

政令で定めるものの安全性を確保するために、

事業者に一定の期間ごと自主的に検査をさせることで、

異常の早期発見と補修を行わせるものです。

また、定期自主検査の検査対象となっている機械のうち、

検査が難しいものや事故が起こる災害の程度が大きくなるおそれのある機械については、

所定の資格を持つ労働者や、検査業者が検査を行います。

これを特定自主検査といいます。

ここでは、定期自主検査がテーマになった過去問を集めましたので見てみましょう。

 

フォークリフトが自主検査の対象となる基準

(平成30年問9B)

事業者は、現に使用しているフォークリフトについては、1年を超えない期間ごとに1回、定期に、労働安全衛生規則で定める自主検査を行わなければならないとされているが、最大荷重が1トン未満のフォークリフトは除かれている。

 

解説

解答:誤り

フォークリフトは定期自主検査の対象となっていますが、

最大荷重による区別はありません。

ちなみに、フォークリフトは特定自主検査の対象となっています。

では、定期自主検査の結果の保存期間について確認しましょう。

 

定期自主検査の結果の保存期間

(平成30年問9E)

事業者は、定期自主検査を行ったときは、その結果を記録し、これを5年間保存しなければならない。

 

解説

解答:誤り

定期自主検査の結果の保存期間は5年間ではなく「3年間」です。

 

今回のポイント

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 徴収法 労働保険事務組合の役割を再確認しましょう」過去問…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 在職老齢年金」過去…

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 安衛法 安全衛生管理体制(衛生…

  4. 「社労士試験 健康保険法 高額療養費の克服方法とは」過去問・健保-69…

  5. 社労士試験勉強法 過去問攻略!「雇用保険法 就業促進手当にはどんなもの…

  6. 「社労士試験 労基法 就業規則の勉強の取り組み方とは」過去問・労基-6…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 国民年金法 20歳前傷病の障害…

  8. 「社労士試験 労基法 妊産婦の就業制限」労基-172

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。