過去問

「社労士試験 国民年金法 被保険者期間の計算」国年-148

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は国民年金法の「被保険者期間の計算」について見てみたいと思います。

被保険者期間のスタートと終わりの区切りについて確認しましょう。

 

被保険者期間のスタートはいつ?

(令和元年問3E)

平成11年4月1日生まれの者が20歳に達したことにより第1号被保険者の資格を取得したときは、平成31年4月から被保険者期間に算入される。

 

解説

解答:誤り

第1号被保険者は「20歳に達した日」に資格を取得しますが、

「20歳に達した日」は、誕生日の「前日」を指します。

なので、問題文の場合、3月31日が20歳に達した日となりますので、

被保険者期間のスタートは3月となります。

さて、第1号被保険者は60歳に達した日に被保険者の資格を喪失しますが、

下の問題の場合、いつまで被保険者期間に参入されるでしょうか。

 

被保険者期間は何月まで?

(平成26年問5A)

昭和29年4月1日生まれの第1号被保険者は、平成26年に60歳に達するが、その際、引き続いて任意加入被保険者又は第2号被保険者とならない場合、平成26年3月までが被保険者期間に算入される。

 

解説

解答:誤り

先ほどの20歳に達した日と同じく、

60歳に達した日は誕生日の前日を指します。

したがって、問題文のケースでは、3月31日に60歳に達します。

また、資格を喪失した日の属する月の前月までを被保険者期間に算入しますので、

平成26年2月までが被保険者期間となります。

 

今回のポイント

  • 第1号被保険者は「20歳に達した日」に資格を取得しますが、「20歳に達した日」は、誕生日の「前日」を指します。
  • また、資格を喪失した日の属する月の前月までを被保険者期間に算入します。

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 国民年金法 遺族基礎年金の支給要件」国年-167

  2. 「社労士試験 徴収法 ちょっと苦手な督促や延滞金を克服する方法」過去問…

  3. 「社労士試験 雇用保険法 被保険者の種類」雇-148

  4. 「社労士試験 雇用保険法 就業拒否等による給付制限」雇-130

  5. 「社労士試験 国民年金法 被保険者の要件」国年-147

  6. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 職業安定…

  7. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 不服申立て」徴収-12…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労働に関する一般常識 労働契約…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。