過去問

「社労士試験 安衛法・派遣労働者への教育 社労士プチ勉強法」安衛-109

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今日は、安衛法から「派遣労働者への教育」というテーマで過去問を集めました。

安衛法では、さまざまな安全衛生教育が規定されていますが、

派遣労働者にはどのように適用されるのか見てみましょう。

 

派遣労働者に対する雇入れ時の安全衛生教育はどこがする?

(平成30年問8C)

派遣労働者に対する労働安全衛生法第59条第1項の規定に基づく雇入れ時の安全衛生教育は、派遣先事業者に実施義務が課せられており、派遣労働者を就業させるに際して実施すべきものとされている。

 

解説

解答:誤り

雇入れ時の安全衛生教育は、派遣先ではなく、派遣元の事業者が行います。

派遣労働者を雇っているのは派遣元の事業者ですので、

雇入れ時の段階では派遣元事業者が教育を行います。

ちなみに、作業内容変更時の教育は、派遣元・派遣先の双方で行います。

さて、次は危険・有害な業務に就くために必要な特別教育がどちらに実施義務があるのか確認しましょう。

 

特別教育はどっちの事業者がする?

(平成27年問9C)

派遣就業のために派遣され就業している労働者に対する労働安全衛生法第59条第3項の規定に基づくいわゆる危険・有害業務に関する特別の教育の実施義務については、当該労働者を派遣している派遣元の事業者及び当該労働者を受け入れている派遣先の事業者の双方に課せられている。

 

解説

解答:誤り

派遣労働者に対する特別教育は、派遣元事業者に実施義務はなく、派遣の事業者が行います。

危険・有害な業務があるのは派遣先の事業場ですので、

派遣先事業場が労働災害をふせぐための教育を行うことになります。

 

今回のポイント

社労士プチ勉強法

「睡眠も立派な勉強です!」

毎日きちんと眠れていますか?

たまった疲れを癒す方法は色々とありますが、

睡眠を無視することはできません。

学習の視点から見ても、脳をきちんと休ませてあげないと

せっかくインプットした知識も定着しにくくなります。

何時に寝て起床すれば効果的な睡眠が得られるのかは、

ひとそれぞれ違いますので、あなたのベストコンディションを

探ってみられてはいかがでしょう♫

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 「社労士試験 厚生年金法 高齢任意加入被保険者」厚年-141

  2. 「社労士試験 安衛法・面接指導 社労士プチ勉強法」安衛-121

  3. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 徴収法 請負事業の一括」過去問…

  4. 「社労士試験 国民年金法 遺族基礎年金の支給停止や失権の攻略法」過去問…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 定時決定」健保-1…

  6. 「国民年金法 無理なくわかる保険料納付済期間と免除期間の定義」過去問・…

  7. 「社労士試験 厚生年金保険法 障害厚生年金・年金額」厚年-169

  8. 「社労士試験 労基法 年次有給休暇」労基-170

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。