【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 安衛法 面接指導」安衛-82

このブログでは、毎日科目を変えてお送りしています。

なぜかというと、早いうちに全科目に触れておくことで、社労士試験の全容がイメージしやすくなり、勉強のペースが掴みやすくなるからです。

なので、あまり構えずに「ふ〜ん、そうなんだ」くらいの気軽な気持ちで読んでみてくださいね。

今回は、安衛法から「面接指導」について見てみたいと思います。

今日は、長時間労働に対する面接指導に関係した過去問を集めましたので確認していきましょう。

 

長時間労働に対する面接指導を行う基準とは?

(令和2年問8A)

事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり60時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる労働者から申出があった場合は、面接指導を行わなければならない。

 

解説

解答:誤り

長時間労働に対する面接指導の対象者は、

  • 休憩時間を除いて1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり80時間を超え、かつ
  • 疲労の蓄が認められる者

となっています。

また、面接指導は労働者からの申出によって行われます。

では、面接指導後の事業主の措置について見てみましょう。

せっかく医師による面接指導をしたのですから、事業主が行うこととはなんでしょうか?

 

面接指導をした後の事業主が行う措置は?

(平成25年問8E)

事業者は、面接指導の結果に基づき、当該労働者の健康を保持するために必要な措置について、面接指導が行われた後、遅滞なく、医師の意見を聴かなければならない。

 

解説

解答:正

問題文のとおりです。

面接指導が終わったら、事業主は遅滞なく医師の意見を聴かなければなりません

それは、面接指導の結果に基づいて労働者の健康を守るために必要な措置を医師から聴くためです。

ちなみに、面接指導の結果は、「5年間」保存する必要があります。

 

今回のポイント

  • 長時間労働に対する面接指導の対象者は、
    • 休憩時間を除いて1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり80時間を超え、かつ
    • 疲労の蓄が認められる者

    となっています。

  • 面接指導が終わったら、事業主は遅滞なく医師の意見を聴かなければなりません

 

社労士プチ勉強法

「本試験で通用する本当のアウトプットとは」

これまで経験してきた試験で、試験中に思い出せず、自宅で「あ!これ知ってたのに!」とといった経験はありませんか?

本当は頭の中に入っていた知識なのに、試験中に答えられないなんで悔しいですよね。

社労士試験は年に1回の試験ですから、自分の実力を十分に発揮したいものです。

そのために、普段から問題演習などでアウトプットをされていることと思いますが、

実力を十分に発揮するためのアウトプットはどんなことをすればいいのでしょうか。

それは、「知識を思い出すときはテキストの該当ページを思い出すようにする」です。

問題文を読んだときに、知識の拠り所をしっかり確立しておくと、必要な知識を引き出しやすいので、

テキストの該当ページが頭に思い浮かぶよう普段から訓練しておくのです。

一度お試しされることをオススメしますよ♫

 

各科目の勉強法の記事をまとめました

労働基準法から一般常識までの全科目の勉強法の記事をまとめましたのでぜひご覧ください

リンク「社労士試験 独学合格法 各科目の勉強方法の記事をまとめました!」

 

科目ごとにまとめて記事を見ることができます!

スマホでご覧になっていただいている場合は、一番下までスクロールすると、科目名が並んでいますのでご覧になりたい科目をタップいただくと、その科目だけの記事を見ることができます。

もしくは、一番右上の三本線(メニューになっています)をタップしていただいて科目名を表示させる方法もあります。

ぜひご活用ください!

関連記事

  1. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 健康保険法 全国健康保険協会」…

  2. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 雇用保険法 短期雇用特例被保険…

  3. 「社労士試験 厚生年金法 遺族厚生年金 支給停止になるのはどんなとき?…

  4. 「社労士試験 労災保険法 特別加入に関する取扱説明書」過去問・労災-6…

  5. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 厚生年金法 高齢任意加入被保険…

  6. 「社労士試験 徴収法 読むだけでわかる!有期事業の一括のポイントとは」…

  7. 「雇用保険法 延長給付で押さえておきたい数字と要件とは?」過去問・雇-…

  8. 【ふわっと全科目を眺める】「社労士試験 労災保険法 給付に関する通則」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。